椿油が臭い理由

PR

椿油が臭い!その原因は酸化

 

椿

 

椿油といえば、髪の毛のダメージケアに取り入れられているものですが、実は椿油も使い方に気をつけなければ、臭いと感じてしまうようになってしまうのです。

 

椿油自体は他のオイル用品に比べて、独特な匂いがするのが特徴です。

 

ただオイル系のものは、オイル独特の香りがしますよね。

 

また椿油は酸化しにくいオイルなのですが、実はそれでも酸化してしまうこともあるのです。

 

購入したての時や開封したての時の椿油の匂いは、独特でもありますがそこまで嫌われるような匂いではないでしょう。

 

個人差もあるかもしれませんが、使えないことはないという方が多いのではないでしょうか。

ただこの椿オイルが、購入してすぐや開封してすぐの匂いとは違い、とても臭いと感じるようになってしまったら、それは酸化している可能性があります。

 

最初と明らかに匂いが違うなら、酸化しているのは確実でしょう。

 

酸化してしまった椿油ですが、特に刺激が強いオイルではなくても、できるだけ使用しない方が良いです。

 

また髪の毛に使用している際、長時間少し多めの量をつけたままでいる場合にも、酸化して嫌な匂いとなる場合もあります。

 

保存場所や温度、期間によって椿油も酸化してしまうことがあるので、匂いが変わったりした場合は使わないように気をつけましょう。

 

 

椿油の本当の香り

 

独特の香りを持つと言われている椿油ですが、本当の椿油の香りとはどのような香りなのでしょうか。

 

椿油の香りは、お相撲さんがつけているびんづけ油のような香りと例えられることがあります。

 

最近ではびんづけ油も良い香りがするようになってきたと言われていますが、昔はかなり油っぽい香りがするものでした。

 

その香りと同じく、椿油も油っぽい香りが少し強めです。

 

椿の花自体はとても清楚で慎ましやかな香りと表現されるのですが、やはり油となると花の香りまではつけられず、油っぽくなってしまうのでしょう。

 

オリーブオイルやホホバオイルも独特な油の香りがしますが、椿油はこれらとはまた少し違った油っぽさがあるかもしれません。

 

ただここ最近では、市販されている椿油も、そのような香りのするものは少なくなり、比較的使いやすくはなっています。

 

それでも気になる人にとっては、あまり良い香りとは言えない場合もあるでしょう。

 

メーカーによっても椿油の香りには違いがある場合もあります。

 

使い続けるなら、やはり香りも気にならないものの方が良いですよね。

 

ネットなどでも購入は可能ですが、口コミやレビューだけでは信用できず、香りに関しては自分の鼻だけが頼りです。

 

椿油を購入する際には、必ず香りが確認できるような方法で、購入するようにしましょう。

 

 

酸化した椿油は効果なし?

 

どんな油でも、酸化すれば成分が変化しているため、使用しない方が良いと言われています。

 

もちろん酸化しにくいと言われている椿油でも、酸化してしまうこともあり、酸化してしまったら使用してはいけません。

 

油の酸化、これはつまり油の劣化と考えても良いのです。

 

酸化した椿油も劣化していると同じことなので、効果も期待することはできず、逆に悪い効果を得てしまう可能性もあるでしょう。

 

髪の毛だから大丈夫、と思われる方もいるかもしれません。

 

ですが髪の毛だからこそ、無理やり酸化したものを使用することはとても危険なのです。

 

特に髪の毛に使用している場合、顔や頭皮、体に椿油が付着してしまう場合もあるでしょう。

 

酸化した椿油が肌に付着すると、その部分が荒れてしまったり、炎症を起こしてしまったりする可能性もあります。

 

椿油も油なので、酸化してしまっても保湿ができなくなってしまうということはないかもしれません。

 

ですが、酸化しているものを髪の毛につけて、そのままでいると空気中の不純物を取り込み、さらに酸化が進み髪の毛が傷んでしまう可能性も否定できません。

 

椿油が酸化してしまった場合は、全てにおいて悪影響としかならないので、もちろん髪の毛にも、使用しないようにしましょう。

 

 

酸化させない方法

 

椿油を酸化させずに使用するためには、保存方法に工夫が必要となります。

 

まず酸化するということは、油が酸素と化学反応を起こすということになります。

 

空気中の酸素が椿油に売れてしまうことによって、酸化しにくい椿油であっても、酸化してしまう場合があるのです。

 

空気中の酸素が原因となるのなら、常に椿油が酸素に触れないように蓋をすると良いでしょう。

 

また酸化は他にも、熱や光、湿度や微生物などが原因となる場合もあります。

 

蓋をすることだけではなく、保存場所にも注意しなければなりません。

 

できるだけ冷所であることや多湿ではない、光の当たりにくい暗所での保管が望ましいでしょう。

 

他にも、長く使い続けることで酸化しやすい環境が作られる場合もあります。

 

何度も蓋の開け閉めを繰り返していれば、少なからず酸化のスピードは早まってしまいます。

 

できるだけ量の少ないすぐに使い切れる椿油を選び、製造年月日にも注意しつつ保存をしましょう。

 

椿油を選ぶ際にも、容器が酸化しにくい瓶で光を通しにくい少し暗い色にすれば、酸化をさせにくくでき、保存しやすいですよね。

 

椿油も保存方法などでも十分酸化を防ぐことができます。

 

酸化してしまうと使えなくなってしまって勿体無いので、できるだけ早く使い切れるようにして、酸化しにくい環境を作り、そこで保管するなどの工夫で椿油を常に良い状態で使用できるようにしましょう。

 

PR