きつい体臭は出世の妨げになるって本当?

体臭は目で確認することができません。

近くにいて鼻で確認することができますが、男性の体臭は強烈な臭いを発生させてしまいますので、周りにいる人が鼻で確認すると嫌な気持ちになります

また、人は外見や考え方で色々な事を判断してしまいますが、本当の判断は臭いでも良いのではないでしょうか。

体臭が発生しているということは自分に甘いということですし、ケアがしっかり出来ていないということですので、仕事で例えるならミスをしやすくて仕事がデキない男と判断される可能性もあります。

だから、体臭がある人は出世しにくいと言えますが、特に営業や接客する仕事の場合は嫌がれることが多いでしょう。

営業で取引先を回った時に体臭があると契約がとれない可能性があります。

取引先の人を体臭で不快な思いをさせてしまい、この人とは会いたくないと思われてしまうこともあるでしょう。

いくら仕事がデキても体臭だけで仕事がうまくいかないことがありますので出世しにくくなりますが、逆に言えば体臭さえ改善すればうまくいくことになりますので、営業や接客する人は体臭を気にして予防したり改善するようにしましょう。

自分で気づかない人がいるときは教えてあげるのも優しさですので、家族に体臭を発生させている人がいたら教えてあげてください。

また、体臭を発生させている可能性を感じている人は勇気を出して聞くのも重要なことです

こうしたことからも分かるように体臭は出世の妨げになる可能性がありますので働いている人は気を付けておきましょう。

上司が臭いと部下は辛い

男性は中年くらいになると部下を持つ上司になりますが、それと同じ時期に体臭が発生してしまうことがよくあります。

上司になることは出征しているということなので良いことですが、体臭が発生しているのは良いことと言えません。

なぜなら体臭がある上司は部下に嫌われるからです。

よくある話ですが、中年の上司と会話するときに口臭で嫌な気持ちになることがあります。

それと同じように体臭も嫌な気持ちにさせてしまいますが、体臭の場合は会話していなくても傍にいるだけで嫌な気持ちになりますので口臭よりもたちが悪いでしょう。

それに、強烈な体臭がオフィスに充満して多くの人に迷惑をかけてしまい、仕事に支障をきたすこともあります。

上司の体臭によって部下が仕事に集中できなくなると上司の責任になってしまうので自業自得ということにもなってしまいます。

いくら仕事がデキる上司でも体臭だけで嫌われてしまいますので、上司として働いている男性は体臭を発生させないように努力すると良いでしょう。

そして、体臭を発生させている男性で部下を持っている上司の人は仕事がデキて頼りがいがある上司になってください。

当然会社でも体臭予防がエチケット

上司

体臭を発生させている人で働いている人は体臭予防がエチケットです。

会社に行って一緒に仕事をしている人に迷惑をかけてしまい、仕事に集中できなくなる人や結果を残せない人などがでて、結果的に会社の業績が悪くなってお世話になっている会社に迷惑をかけることになります。

それを防ぐには体臭予防をすることですが、その予防には生活習慣や制汗剤の使用、着る衣類などに気を付けることです。

こうした体臭予防はエチケットですので実践して当たり前と言えます。

特に狭いオフィスや温かい環境にあるオフィスは体臭が充満しやすいので必ず体臭対策をとるようにしましょう。

また、オフィス内だけではなく外で人と会う機会が多い仕事をしている人も、相手に不快な思いをさせないためにも体臭対策をとってください。

そして、誰もが気持ち良く働ける会社で楽しく仕事ができるようになると良いですね。