体臭を抑える専用の石鹸やボディーソープの効果

 

体臭が気になる方はデオドラントなどで対策を取っているとは思いますが、体を洗うときにも石鹸やボディーソープで対策をとることもできるのです。

石鹸やボディーソープといっても普通のものではありません。

きちんと専用のものを使用しましょう。

最近では柿渋エキスやミョウバンなど消臭効果が期待できる成分が含まれた専用の石鹸やボディーソープがあります。

他にもカテキンなど抗酸化作用のある成分が含まれたものや、抗菌力の高い銀イオンなどが含まれたものもあります。

昔から見られるのは炭の石鹸ですね。

これらを使用することによって、臭いの原因となるものをしっかり排除し体臭を抑える効果に期待することができるのです。

またそれぞれ成分が違うため、臭いの原因によって石鹸の種類は選びましょう。

加齢臭など活性酸素が原因であれば抗酸化作用の強いカテキンなどが良いでしょう。

汗臭さが気になる方は殺菌力が高めのミョウバンが含まれる石鹸がオススメです。

防臭したい方は銀イオンで抗菌すると良いでしょう。

ただしっかり洗うことが体臭にとって良いと思う人もいますが、逆効果となってしまうので注意しましょう。

洗い過ぎはさらに皮脂などを多く分泌させてしまうのです。

体臭に効果が期待できる専用の石鹸を使用する際には肌に優しく洗い、臭いの原因となるものを洗い流すようにしましょう。

一緒に使うと効果が倍増するデオドラント

体臭対策には欠かせないデオドラントですが、体臭専用の石鹸やボディーソープと併用すれば効果もさらに倍増する場合があります。

ただデオドラントを使用する際には、石鹸やボディーソープに含まれている成分と同じものを選びましょう。

併用する際にはやはり効果を倍増させたいものです。

また石鹸を使用するときには自分の体臭の原因に合わせたものを選び使用しているでしょう。

そこで全く違うタイプのデオドラントを使用しても、効果を倍増させることはできません。

せっかく石鹸の成分によって消臭効果を期待することができるのに、そこで石鹸だけに頼って違う効果のものを使用したとしても消臭はできません。

効果を倍増させるということは消臭効果を持続させるということでもあります。

できれば石鹸の成分に合わせたデオドラントを使用するようにしましょう。

またデオドラントでも効果が持続できるものはロールオンなどの塗るタイプが期待できると言われています。

同じような成分でロールオンなど直接塗ってしっかり匂いを抑えると、効果も倍増していくでしょう。

ただ同じような成分が見つからない場合には、柿渋タイプが全般的に使用しやすいと言われているのでオススメです。

上手に石鹸とデオドラントを選びしっかり体臭を抑えられるようにしましょう。

体臭抑制効果はお風呂?それともシャワー?

お風呂

体臭が気になる人にとってバスタイムはとても重要な時間ではないでしょうか。

しっかり臭いが落ちる時間なので心も体もスッキリするでしょう。

ただお風呂にもシャワーだけという人と湯船に浸かるという人に分かれます。

湯船に浸かることはとても良いことですが、シャワーでも汚れは落とせるので体臭にとってはどちらも大差ないと考えている人も少なくはないでしょう。

ですがこれには大きな差があったのです。

まずシャワーでは汗を流すことは可能です。

汚れもしっかり石けんで落とせば、その時の臭いも消えるでしょう。

でも実はそれだけで十分ではないのです。

体臭にとっては毛穴の汚れも大敵です。

その毛穴汚れを落とすには湯船に浸かって汗を流すことが大切なのです。

また汗は流せなくても、しっかり毛穴が開いた状態になるので毛穴に詰まった汚れも落としやすくなります。

シャワーではここまでしっかり毛穴汚れを落とすことができないため、毛穴に皮脂などの汚れが残り、次に汗をかいた時その汚れが雑菌と繁殖しやすくなりさらに臭いがきつくなってしまうのです。

シャワーだけでは落とせない汚れも入浴ならしっかり落とすことができるのです。

できればシャワーだけではなくお風呂に浸かることも1週間のうちに数回は取り入れるようにしてみましょう。

毎日ではなくても体臭対策の効果は期待できるのではないでしょうか。