体臭を抑える専用の石鹸やボディーソープの効果

 

体臭が気になる方はデオドラントなどで対策を取っているとは思いますが、体を洗うときにも石鹸やボディーソープで対策をとることもできるのです。

石鹸やボディーソープといっても普通のものではありません。

きちんと専用のものを使用しましょう。

最近では柿渋エキスやミョウバンなど消臭効果が期待できる成分が含まれた専用の石鹸やボディーソープがあります。

他にもカテキンなど抗酸化作用のある成分が含まれたものや、抗菌力の高い銀イオンなどが含まれたものもあります。

昔から見られるのは炭の石鹸ですね。

これらを使用することによって、臭いの原因となるものをしっかり排除し体臭を抑える効果に期待することができるのです。

またそれぞれ成分が違うため、臭いの原因によって石鹸の種類は選びましょう。

加齢臭など活性酸素が原因であれば抗酸化作用の強いカテキンなどが良いでしょう。

汗臭さが気になる方は殺菌力が高めのミョウバンが含まれる石鹸がオススメです。

防臭したい方は銀イオンで抗菌すると良いでしょう。

ただしっかり洗うことが体臭にとって良いと思う人もいますが、逆効果となってしまうので注意しましょう。

洗い過ぎはさらに皮脂などを多く分泌させてしまうのです。

体臭に効果が期待できる専用の石鹸を使用する際には肌に優しく洗い、臭いの原因となるものを洗い流すようにしましょう。

一緒に使うと効果が倍増するデオドラント

体臭対策には欠かせないデオドラントですが、体臭専用の石鹸やボディーソープと併用すれば効果もさらに倍増する場合があります。

ただデオドラントを使用する際には、石鹸やボディーソープに含まれている成分と同じものを選びましょう。

併用する際にはやはり効果を倍増させたいものです。

また石鹸を使用するときには自分の体臭の原因に合わせたものを選び使用しているでしょう。

そこで全く違うタイプのデオドラントを使用しても、効果を倍増させることはできません。

せっかく石鹸の成分によって消臭効果を期待することができるのに、そこで石鹸だけに頼って違う効果のものを使用したとしても消臭はできません。

効果を倍増させるということは消臭効果を持続させるということでもあります。

できれば石鹸の成分に合わせたデオドラントを使用するようにしましょう。

またデオドラントでも効果が持続できるものはロールオンなどの塗るタイプが期待できると言われています。

同じような成分でロールオンなど直接塗ってしっかり匂いを抑えると、効果も倍増していくでしょう。

ただ同じような成分が見つからない場合には、柿渋タイプが全般的に使用しやすいと言われているのでオススメです。

上手に石鹸とデオドラントを選びしっかり体臭を抑えられるようにしましょう。

体臭抑制効果はお風呂?それともシャワー?

お風呂

体臭が気になる人にとってバスタイムはとても重要な時間ではないでしょうか。

しっかり臭いが落ちる時間なので心も体もスッキリするでしょう。

ただお風呂にもシャワーだけという人と湯船に浸かるという人に分かれます。

湯船に浸かることはとても良いことですが、シャワーでも汚れは落とせるので体臭にとってはどちらも大差ないと考えている人も少なくはないでしょう。

ですがこれには大きな差があったのです。

まずシャワーでは汗を流すことは可能です。

汚れもしっかり石けんで落とせば、その時の臭いも消えるでしょう。

でも実はそれだけで十分ではないのです。

体臭にとっては毛穴の汚れも大敵です。

その毛穴汚れを落とすには湯船に浸かって汗を流すことが大切なのです。

また汗は流せなくても、しっかり毛穴が開いた状態になるので毛穴に詰まった汚れも落としやすくなります。

シャワーではここまでしっかり毛穴汚れを落とすことができないため、毛穴に皮脂などの汚れが残り、次に汗をかいた時その汚れが雑菌と繁殖しやすくなりさらに臭いがきつくなってしまうのです。

シャワーだけでは落とせない汚れも入浴ならしっかり落とすことができるのです。

できればシャワーだけではなくお風呂に浸かることも1週間のうちに数回は取り入れるようにしてみましょう。

毎日ではなくても体臭対策の効果は期待できるのではないでしょうか。

ワキガは一年中臭う!夏だけのケアでは不十分

夏になりますと暑くなりますので汗をかきやすくなりますし、普段はあまり汗をかかない人でも汗をかいてしまいます。

それに、汗をかきやすい人や大量にかく人は更に汗をかいてしまいますので厄介です。

ですので、夏を嫌がる人は多くいると考えられますが、その中にはワキガ臭で悩んでいる人もいるでしょう。

夏は汗をかきやすいのでワキガ臭が発生しやすいと思われがちですが、実はワキガ臭は夏だけの問題ではありません。

確かに暑いので汗をかいて臭いは発生しやすくなりますが、ワキガ臭の原因は汗だけはありませんので夏だけの問題ではないのです。

ワキガ臭の原因となるのはアポクリン腺という汗腺から分泌される汗と、それを分解してエサにする常在菌によって発生してしまいます。

皮膚の表面にいる常在菌が汗に含まれる皮脂や脂質、糖質やタンパク質などを食べて分解し汗を発酵させています。

また、アポクリン腺から分泌される汗自体にはワキガ臭はありません。

ワキガ臭の原因となるのに臭わないのは不思議なことですが、雑菌によって分解されるとワキガ臭を発生させる元となりますので、汗拭きシートや制汗剤などを使用してこまめに拭き取ることが大切です。

このようなことからも分かるようにワキガ臭は夏だけの問題ではありませんので、一年を通してしっかりケアする必要があります。

夏以外でも臭うのはなぜ?

ワキガ臭は夏だけに発生する臭いではなく、他の季節でも発生して悩まされてしまいます。

では、どうして他の季節でも臭うのでしょうか?

それは、ワキガ臭の原因となるアポクリン腺から分泌される汗は様々なことが原因で分泌されやすくなるからです。

その原因は遺伝やストレス、ホルモンバランスの乱れや睡眠不足、食生活などが挙げられます。

ワキガは遺伝する可能性が高いので仕方がありませんが、夏以外の季節でもワキガ臭を発生しますので臭い対策が必要となります。

親がワキガで遺伝するかもしれないと分かっていますので、親はしっかり早めの対策を検討してあげなければいけません。

どんな季節でもホルモンバランスの乱れは起こってしまいます。

ホルモンバランスが乱れてホルモンが増加すると、アポクリン腺が刺激されて汗の分泌量が増えてしまいます。

汗の分泌量が増えると常在菌のエサを増やしてしまうことになり、それによって分解される量も増えてワキガ臭が強くなることもあります。

睡眠不足やストレスは交感神経を活発にさせてアポクリン腺を刺激してしまいますし、過度なストレスはアドレナリンを過剰分泌されて汗をかきやすくしてしまいます。

食生活が乱れることによってアポクリン腺が活発になったり汗腺自体を太くして汗を分泌しやすくなります。

それに、タンパク質や動物性脂質が多く含まれる肉類中心の食生活は特に注意が必要です。

これは、汗に含まれるタンパク質や脂質などを増やしてしまいますし、刺激することによってワキガ臭を強くすることもあるからです。

こうしたワキガ臭の原因がある以上、他の季節でも臭いを発生させてしまいますので、一年中気を付けておかなければいけません。

ワキガケアは毎日行う

夏

ワキガは一年を通してケアする必要があります。

ワキガはアポクリン腺から分泌される汗と常在菌の働きが原因となりますので、こうしたことは季節に関係なくあるからケアし続けなければいけないのです。

また、ワキガのケアは生活習慣や食生活、ホルモンバランスの乱れやストレスに気を付けるということが重要となります。

それに、毎日しっかり洗う事や制汗剤を使用すること、なるべく汗をかかないように通気性の良い服を着ることなども大切です。

ワキガケア専用のボディソープやスプレー、ローションなども使用すると効果的なケアができます。

自分では気付かない加齢臭の特徴とは?

加齢臭という単語は誰でも聞いたことがあるでしょう。

決して良いこととは言えませんので、できることなら避けたいものです。

しかし、年齢を重ねて中年くらいになると加齢臭で悩まされる人は増え、自分が困るだけではなく、家族や友人などの周りにいる人も困らせてしまうことがあります。

そんな加齢臭は自分では分かりにくいというのをご存知でしょうか?

加齢臭が自分では分かりにくいのは味覚の順応ということが関係しています。

これは、同じ臭いを嗅ぎ続けることでその臭いに慣れてしまうということです。

加齢臭のようなキツイ臭いでも毎日嗅ぎ続けることで鼻が慣れてしまうのです。

また、味覚の順応は味覚の疲労ともされており、視覚や聴覚、嗅覚などの感覚などの中でも特に嗅覚は疲労しやすいので加齢臭のような臭いでも感じにくくなります。

それに、加齢臭のような気分が悪くなる臭いを嗅ぎ続けることによって精神的なストレスを感じますが、そのストレスを少しでも感じなくしようと本能が防御反応を起こすとも言われています。

このような自分では分かりにくい加齢臭とはどんな臭いなのか気になってしまうでしょう。

加齢臭をどのような臭いか表現するときは、ブルーチーズや古本、腐った油や魚のような臭い、数日経過した天ぷらやロウソクなどの臭いと表現されます。

臭いの感じ方には個人差がありますが、鼻をつくような強烈な臭いを発生させることもありますので、臭いを感じやすい人には辛いかもしれません。

加齢臭はどこから出てる?

加齢臭は40代くらいから出るとされており、加齢によって増えるパルミトオレイン酸や過酸化脂質が酸化・分解されてノネナールという臭い物質を発生させることで出てしまいます。

では、加齢臭はどの部分から出るのでしょうか?

それは、皮脂腺が多く集まる部分から多く出るとされており、特に耳の後ろ、頭、胸、ワキ、背中などです。

最初に気づきやすいのが耳の後ろから出る加齢臭で、耳の後ろを手で擦ると臭いに気づきますし、枕に臭いがつきますので枕の臭いを嗅げば誰でも気付くことができます

その耳の後ろから頭や背中、ワキなどの皮脂腺が多い部分に臭いが回っていきます。

また、汗をかきやすい部分にも加齢臭は発生しやすいので注意が必要です。

特にワキの下は皮脂腺だけではなく、汗腺のアポクリン腺がありますので強烈な加齢臭が出やすいです。

それと、陰部からも加齢臭が発生しますが、これは陰部にある皮脂腺からノネナールが発生しているからです。

特に陰部には雑菌が多くいますのでしっかり清潔を保たないとすぐに臭いが出てしまいます。

蒸れやすい陰部は他の臭いと混ざり合って耐え難い臭いを発生させますので気を付けておきましょう。

こうしたことからも分かるように、加齢臭は体の様々な部分から出ますので40代くらいになる人は特に気を付けておかなければいけません。

男女で加齢臭の臭いは違う?

加齢臭は男性だけが発生させると思われがちですが、実は女性でも年齢を重ねることによって発生させることがあるのです。

臭いそのものはそれほど男女差はありませんが、どちらかといえば男性の方が臭いはきつくなります。

男性の場合は加齢臭に加えて汗の臭いなどが混じることもありますので女性よりもキツイ臭いになることがあります。

では、どうして男性のほうが臭いが強くなるのでしょうか?

それは皮脂腺の量やホルモンが深く関係しています。

加齢臭の原因となる皮脂腺が男性の方が多くありますので当然のような臭いも発生しやすくてきつくなります。

ホルモンが関係するのは男性ホルモンには皮脂の分泌を促進させる働きがあるからです。

皮脂の分泌が増えるということはそれだけ臭いが出やすくなりますので加齢臭が出やすいのは当然のことと言えます。

また、女性ホルモンには皮脂の分泌を抑える働きがありますので男性よりも加齢臭が出にくくなっています。

更に加齢臭の原因物質となるノネナールを抑える働きもあります。

とは言っても、女性は閉経を迎える頃に女性ホルモンが減少していきますので、加齢臭の原因となる皮脂の分泌やノネナールを抑えることが難しくなり、これによって男性と同じように強烈な臭いを発生させる人もいるのです。

体の中からもケア

ステーキ

加齢臭は体の外だけの問題ではありませんので、体の中もケアすることが大切です。

体の外は毎日しっかりお風呂に入って清潔を保つようにし、場合によっては臭いを抑えるケア用品を使用します。

体をゴシゴシと強く洗うのは逆に皮脂の分泌を促してしまいますので優しく適度な洗い方を心がけておきましょう。

体の中のケアは食生活の見直しが重要となります。

肉類中心の食事は皮脂腺の働きを活発にさせますので野菜中心の食事に心がけておき、特に加齢臭の原因となる活性酸素を抑えることが重要となりますので、抗酸化作用があるポリフェノールやビタミンE、カテキンやβカロテンなどを多く含む緑黄色野菜を積極的に摂取すると良いです。

あなたは気にしすぎかも!自己臭症の症状とは?

他人に不快感を与えてしまうのが臭いです。

臭いは様々な部分から出てしまいますので気づきにくいことがありますし、人から指摘されて気づく人もいます。

また、臭いを気にし過ぎることでストレスになってしまい、そのストレスが原因となって臭いを強くしてしまうこともあります。

他人から臭いを指摘されると気になってしまい、それ以降も臭いを気にしてしまうこともありますが、それはもしかしたら自己臭症かもしれません。

自己臭症とは他人を不快にさせる臭いを出していないのに、自分からは人に不快感を与える臭いが出ている、周りの人はいつも自分のことを臭いと思っている、と思い込んでしまうことです。

1度でも臭いと言われて気になり始め、それがトラウマとなっていつまでも自分は臭いと思い込んでしまうことがあり、これを幻臭と言います。

こうした自己臭症が考えられる人は幻臭を気にして生活していますので、普通の人よりも清潔を保っている人が多くいます。

幻臭によって辛い日々を送っているのですが、清潔を保ち続けているという凄く素晴らしい人が多くいると言えます。

このようなことからも分かるように、もしかしたら自己臭症かも?と考える人はいると思いますが、信頼できる人に1度で良いから自分の臭いについて聞いていみるのも良いのではないでしょうか。

自己臭症の原因は何?

自己臭症は毎日の生活が大変ですので、できることなら早く改善したほうが良いのですが、まずは自己臭症の原因を知っておくと良いでしょう。

自己臭症の原因は日頃から臭いに敏感な人や几帳面な人などに現れやすい疾患とされており、過去に自分の臭いを指摘されたことがトラウマになって臭いに過敏なってしまいます。

また、臭いが出ていないのに気にし過ぎて症状が悪化し続けることもあり、それが几帳面の人にとって大きなストレスになって過剰な行動に繋がることもあります。

例えば口が臭くないのに必要以上に歯磨きをしたり、体から臭いが出ていないのに下着や服をすぐに着替えてしまうこともあるのです。

また、自己臭症が悪化すると対人恐怖症になることもあり、電車やバスなどに乗って人と会うのが嫌になったり、人と会って話すことも嫌になってしまうこともあります。

更に学校や職場に行くのも嫌になってしまい、酷い人はうつ病や統合失調症という深刻な病気を患ってしまうこともあるのです。

このようなことからも分かるように、人によっては些細なことが原因になっていると言えますが、当人は深刻に悩んでしまいますので軽はずみに臭いというのは良くありません。

自己臭症の原因は当人だけではなく、そう思わせる周りの人にもありますので気を付けておかなければいけません。

自己臭症の症状とは?

医師

自己臭症になってしまうと実際にはそれほどない臭いを気にしてしまいます。

その自己臭症の症状は人によって多少の違いがありますが、多くの人は次のような症状があらわれます。

自分からクサイ臭いが出ていると思い込んでしまうこと、どんな時でも臭いが気になって頭から離れない、周りにいる人の仕草が自分の臭いを避けていると思ったり疑いやすくなる、臭いのことに気持ちが行き過ぎて他のことが手につかなくなる、臭いが出ていると思った部分を必要以上に洗ってしまう、1日に何度も下着や服を変えてしまう、人ごみを避けたり接触や会話を嫌うようになることです。

このような症状は自己臭症になると知らない間に行ってしまうことがあり、周りにいる人は避けられていると勘違いしてしまうことがあります。

それが原因となってお互いに避けるようになり、人間関係がどんどん悪化して孤立してしまうこともあるのです。

ですので、自己臭症はできるだけ早く治療を受けて改善したほうが良いのです。

自己臭症の治療法

自己臭症は精神疾患の一種とされており、存在しない臭いを感じて気にしてしまう幻臭という症状があらわれ、周りにいる人が自分のことを臭いと思い込んでしまいます。

過去に臭いで指摘されることが原因となりますが、では自己臭症の治療法はどのような方法があるのでしょうか?

自己臭症は心の病とされていますので、治療を受けるためには精神科や心療内科を受診しなければいけません。

対話面接による精神療法や内服薬による薬物療法などが主な治療法となり、どちらか片方だけの治療で効果を得られる人もいますが、両方受けたほうが効果的となります。

治療法は医師と相談して決められますので、まずは医師に相談できるように受診しましょう。

また、自己臭症はうつ病や統合失調症を併発する可能性がありますので、そうした疾患も精神科や心療内科の医師に相談しておくと良いでしょう。

このような治療法は患者によって長く続く場合もありますが、改善するためには定期的に通わなければいけません。

ですので、ただでさえ辛い日常生活を送らなければいけませんので大変ですが、根気よく通い続けて改善していきましょう。

ワキガは体質だから治らないのは本当か?

ワキガが自然に直るのはほぼ不可能だそうです。

多くの人は「生まれた時からワキガだったわけではないのだから、ワキガが治ることもあるのでは…」

「ワキガは病気なのだから、治ることもあるはず」

といったように思いたいところです。

実際にワキガに悩んでいる人はこう思っている人も少なくないようです。

しかし、もう一度結論を言うと、ワキガを自然治癒させることは残念ながら不可能なのです。

ワキガはどうしてなるのかというと、ワキにあるアポクリン腺と呼ばれる汗腺の数によって決まるのです。

ワキにあるアポクリン腺の汗腺の数は生まれた時から決まっています。

先天的に決まっていることで、加齢によって後天的にアポクリン腺の数が増加あるいは減少することはないのです。

つまり、人の体質的な特徴である、髪の色や目の色と同じように考えると、ワキガというのは遺伝的な体質によるものと理解して間違いありません。

ワキガが自然に治ることはありませんが、ワキガの臭いや汗の量を抑えることで、ワキガの症状を和らげることができるのでそれについて追求したほうがいいでしょう。

ワキガの臭いはどんな感じ?

ワキの下が臭うといったものが直接ワキガということではありません。

よくワキが汗臭いとそれがそのままワキガなのでは?と思う人が少なくないようですが、そんなことではないのです。

ワキガというのは実際にアポクリン腺の数などで決められることが多い疾患といってもいいでしょう。

それでは、ワキガの臭いというのはどのような臭いなのでしょうか。

ワキガの臭いは、様々な表現がされることが多いです。

その特徴として一例を挙げてみましょう。

ワキガの臭いの特徴

鉛筆の芯のような臭い

クミンのような臭いあるいはスパイスのような臭い

古い洗濯ばさみのような臭い、劣化したプラスチックの臭い

玉ねぎのような臭いあるいはねぎのような臭い

以上のような臭いがするとされています。

一つ一つはそれほど不快な臭いとは言えないものもあるようですが、それがワキから臭いのが問題と言えるのでしょう。

ワキガでも個人差があります。

様々なワキガの臭いが表現がされているのですが、ワキガではなくても体臭の強い人もいて、と区別がつきにくい場合もあるのです。

臭いの特徴だけでワキガかどうか判断するのは非常に難しいです。

正確な判断を求める場合は、ワキガ治療を行っている病院へ相談しましょう。

ワキガのケア方法

ワキガのケアはどのようにしたらいいのでしょうか。

わき毛の処理をきちんとしたい

わき毛がある状態でしたら、ムレやすく、雑菌が繁殖しやすい状態になるのでワキガの臭いがさらに増幅します。

わき毛に付着したアポクリン汗腺のベタつく汗は、洗っても拭いても落としにくい傾向にあります。

以上の二つの理由から、ワキガの人にとってはわき毛の処理をすることは重要ななポイントです。

処理方法によっては臭いを悪化させてしまうこともあるので注意したいところです。

制汗剤でのケアが一番

制汗剤には「消臭・殺菌・制汗」の3つの役割を持つものが大半です。

この3つの役割は、ワキガ対策には欠かせない要素となっているのです。

ワキガには消臭効果が一番と考えがちです。

しかし、消臭効果と一言で言っても、臭いの元を吸収するものもあれば、別の臭いで隠すものもあります。

中には中和するものなどもあって様々な消臭方法があるのです。

臭いもワキガの度合いもそれぞれですから、効果が実感できるかどうかは個人差があることも承知しておきたいところです。

殺菌効果のあるものでしたら、雑菌の繁殖を抑える効果があるのででワキガの臭い防止に役立つでしょう。

ワキガであっても、汗自体を抑えることができれば臭いの発生を抑えることができます。

ワキガのケアは制汗を中心に考えるほうがもっとも手っ取り早いのです。