脇の酸っぱい臭いはワキガ?意外と知らない本当のワキガ臭

脇の酸っぱい臭いはワキガである可能性は低いです。

脇汗も他の部位から出る汗と同じ汗なんですが、稀に乳酸を含んだ酸っぱい臭いを発生させる事があるんですよ。

脇は肌が密着していて脇毛も生えています。

そのため、汗がとてもこもりやすくて他の場所に比べると臭いが強く感じられるんです。

ですから、なんでも臭いがきつくなると、ワキガと勘違いする人がいるんですね。

人によって様々なんですが、あきらかにワキガは普通の汗臭さとは違う臭いなんですよ。

脇汗が酸っぱい臭いになるのは、ストレスによるもので、汗に乳酸が含まれる事が大きな原因なんです。

普通だったら、脇から出る汗は99%が水分です。

そして、あとの1%がナトリウム、カルシウム、カリウム、塩素、尿素やアンモニア等で形成されています。

ですから、焦ってほぼ無臭なんです。

それでも、精神的身体的ストレスを受けると、血流が悪くなって血中に「乳酸」が蓄積されるんです。

そして、結果的に脇汗にも「乳酸」が含まれるようになってしまうんですね。

この乳酸を多く含んだ汗が脇の皮脂と混ざることで、酸っぱい臭いが発生するんです。

ワキガ臭の特徴

そもそもワキガ臭ってどんな臭いなんでしょうか。

人によって、さらにワキガの程度によってその臭いを表現するのは難しいです。

よく表現されるのは以下の臭いです

・えんぴつ
・ネギや玉ねぎ
・納豆
・カレー

といったものです。

人によっては洗濯バサミのような臭いという人もいます。

ワキガの臭いを指す種類はかなり幅広いんです。

これってその人の感じ方によるものですから、考えたら当然なんですけどね。

特徴としては、「ツーン」とするような臭い…

鼻につくような臭いがすると言われるとわかるような気がしますよね。

ワキガの特徴的な臭いは玉ねぎが近いかもしれません。

ワキガは、その臭いの元であるアポクリン腺の数が多い人を指します。

ワキガというと「臭い」を指すイメージがあるんですが、もともとは「体質」を意味してるんです。

また、ワキガ体質、つまりアポクリン腺の数は遺伝で決まるんです。

生まれつきでワキガかそうでないかは決まってしまうということですね。

どちらかの親がワキガであれば50%、両親ともにワキガであれば80%がワキガになるとされています。

また、ワキガは隔世遺伝もするということですから、親の親の世代まで気にしなくてはいけないということです。

ワキガの代表的な特徴として、よく言われるのが耳垢が湿っている…といったことです。

また、下着に黄ばみができるというのもあります。

酸っぱい臭いの対策

酸っぱい臭い対策です。

ストレスをなくす

ストレスを感じるとサインとして、体が酸っぱい臭いを発生させます。

ストレスに「も精神的ストレスと肉体的ストレスの2つに分けることができます。

精神的ストレスの場合

現代で大きな問題にもなっているのが、上司の理不尽な指示やパワハラなどです。

こういうのは、心にぐさっとくる精神的なストレスですね。

肉体的ストレス

睡眠不足や身体を休めない、さらには栄養バランスの偏りといった肉体に直接影響のあるストレスです。

対策として以下のことを考えます。

しっかりとした睡眠

現代人は、睡眠時間が減ってきているとされています。

原因は、夜も活動する社会になってきていること…残業など色々あります。

さらに、インターネットの普及が原因で夜更かしをする人が増えているんですね。

現代はストレスも多く、脳が疲れやすくなっているので、逆に睡眠を多くとる必要があるのです。

睡眠不足は、身体の機能を低下させます。

そして、仕事の効率も悪くなるので、しっかり睡眠をとるようにしたほうがいいのは間違いありません。

正しい食生活

欧米文化が日本に浸透し、日本人は急速に肉類が中心の食生活に変わりました。

欧米人の体臭がキツイのはよく知られています。

それは、肉類中心の食生活が原因とされているんです。

日本人も食生活が欧米と同じようになっているので、体臭が強くなってきているのも当然といえるかもしれません。

肉類、ジャンクフード、コンビニ飯などは避け、野菜や魚といった昔の日本の食生活に戻していくことが大事です。

まずはストレス、睡眠、食生活の改善をすることで酸っぱい臭いとおさらばしましょう。

脇臭が一番きつくなる年齢は?加齢とともに弱くなる?

9割の男性は「他人に感じられる程度」の脇臭を持っているとされています。

「脇の臭いの強さ」を6段階で評価したところでは、10~60歳代の日本人男性118人うち、約4割が「強い脇臭」以上の脇臭を持つことがわかったのです。

この臭いは、すれ違うときに他人にも感じられる程度の強さの臭いなんです。

これが臭い強度4とされてます。

そして、臭い強度3は、エレベーターや満員電車などの密接状態のときに他人にも感じられる程度の臭いで、

臭い強度4以上と合わせると、9割が他人に感じられる程度の脇臭を持っていることがわかったのです。

また、脇臭の強度は10~20歳代で最も高くなっていて、30歳代以降は減少する傾向にあることもわかっています。

その一方で高齢者でも強度の高い被験者は存在します。

このことから同世代でも個人差が大きいと言えるのです。

ワキガと年齢の関係

ワキガには多くの方が悩んでいますが、年齢によってその臭いの強さも異なっているのです。

それでは、どの年齢からワキガは発症しやすくなるのでしょうか。

臭いが気になりだすのは思春期以降です。

中学生から高校生くらいの間で、小学生では臭いが気になるということはまれなんです。

ワキガは、アポクリン腺という汗腺から分泌される汗が原因となります。

アポクリン腺はフェロモンを発していた性腺の1種だといわれています。

したがって、ワキガはアポクリン腺が活発に活動する思春期から更年期頃までが、もっとも強く臭うんです。

アポクリン腺から分泌される汗には、脂質とタンパク質が含まれています。

それが皮膚上の常在菌によって分解されるんです。

それによって、独特な臭いを発生させるんですね。

つまり、アポクリン腺の数や働きの強さというのが、ワキガの発症に大きく関わっているんです。

アポクリン腺は、生まれつき数が決まっています。

しかも、年齢と伴に増加することもありません。

アポクリン腺が多いからといって、すべての人がワキガになるというわけでもないのです。

ワキガの発症は、生活習慣やアポクリン腺が活発に働くかどうかなどで左右されます。

アポクリン腺の活動自体、男女とも20歳ごろもがもっとも活発になります。

そして、年齢が進むにつれて、不健康な食生活や運動不足など、さらに他の要因も加わって臭いがひどくなることがあるのです。

思春期からの脇ケア習慣


脇臭を抑えるためには、食生活の見直しがとても大切です。

普段から、脂質が多い肉類など脂質と動物性タンパク質の多い食事をしている人は、アポクリン腺が刺激されて、年齢が進んで脇臭を強くなる原因となるのです。

脇臭を抑えるための食事は、野菜や豆類を中心とした食事です。

野菜や豆類には食物繊維が多く含まれています。

そのため、腸内環境をよくする働きがあるんです。

腸内環境の改善は、納豆やキムチなどの発酵食品、ヨーグルトなども効果があるとされています。

腸内環境が整うことによって、老廃物の排出もスムーズになります。

そして、年齢で進む脇臭の改善につながるのです。

アルコールや喫煙は汗腺を刺激して、ワキガの原因となる汗をかきやすくなります。

ですので、適度な飲酒・喫煙を心がけるようにしましょう。

普段、運動する習慣がない人は、運動してよく汗をかくことで年齢で進むワキガの対策につながるんです。

汗をかかない状態が続くと汗腺の働きが弱まります。

それによって、老廃物が体内に溜まってしまうのです。

その老廃物が、いざ汗をかいた時に一気に排出されることで、通常よりも強い脇臭を発するのです。

週に2回程度の有酸素運動で、汗をかきやすく老廃物をため込まない体質になります。

普段から適度な運動をする習慣をつけるようにしましょう。

ウォーキングやジョギングといった手軽に始められる運動を、毎日10分以上、できれば20分以上、汗ばむまで続けるのが特に思春期から始めるのが効果的なんです。

ワキガと肥満には因果関係がなかった!意外と知らない真実とは?

次の方程式があります。

肥満=多汗=ワキガ臭が強い…

この方程式にあるようなワキガと肥満には因果関係はありません。

一般的に、肥満体型の人は発汗量が多いです。

そのため、「肥満=多汗=ワキガ臭が強い…」というイメージを持たれることが多いんです。

肥満度(BMI値)とワキガの臭いの強度の相関解析を行った研究結果があります。

肥満の度合いとワキガの臭いの強さには相関が見られなかったのです。

さらに被験者の「汗のかきやすさ」そして「試験期間中の発汗量」についても調査しています。

これらについても臭いの強さとの相関関係は見られなかったのです。

ワキガの臭いは脇から分泌された汗に含まれる成分が皮膚に存在している常在菌に代謝されることによって発生します。

この結果は、単純に「汗をかくほど臭いが強くなる」というわけではありません。

汗の中に含まれる成分や濃度や腋の下での分解速度といったものが、臭いの強さに影響していることが推測されています。

ワキガの臭いの強さやワキガの臭いのタイプの年代間における差異というのは、生活習慣や食習慣の差や、他には加齢による体質の変化などが原因として考えられます。

それと、同時に行った食習慣の調査では、ワキガの臭いの強さの差が顕著だった10~20歳代と30~40歳代との間で食習慣に差は見られなかったのです。

この結果から、30歳代以降に見られるワキガの臭いの強さの減少やワキガの臭いのタイプの変化は、加齢による基礎代謝の低下や、分泌成分の変化によるものだと推測されるのです。

太っていると汗をかきやすいため臭い?

肥満の人は、そうでない人と比べて、より汗をかきやすい傾向にあります。

さらに肥満者は、臭いやすい「悪い汗」をかきやすいので注意が必要なんです。

肥満者が汗をかきやすい理由を以下に示します。

人は日常活動を通じて体の中に多くの「」を発生させます。

この熱をたえず体外に放出することで恒常性を保っているのですね。

いっぽうで、肥満の人の厚い「皮下脂肪」は熱の体外への放出をブロックします。

そうすることで、体温を上がりやすくするのですね。

そして、その体温を下げる手段としてより多くの「発汗」が必要となるのです。

そのため、肥満の人は普通の人より汗をかきやすくなってしまうんです。

肥満の人は普段から運動をしていない人が多いので、ちょっと動いただけでも大量の汗をかいてしまうんです。

これは、肥満の人が一定の運動量に対する酸素の摂取能力が低いことにも関係があるようです。

ワキガの本当の原因

ワキガの臭いの元はアポクリン腺から出る汗です。

汗を出す汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の2つの種類があります。

この内、ワキガの原因となるのはアポクリン腺から出る汗なんです。

汗自体は無臭なのですが、脂質・タンパク質・糖質やアンモニアなどの成分を含んでいて、ややベタベタしてるんです。

この汗が皮膚の表面の常在菌と混ざり合うことで、ワキガ特有の臭いを発するんです。

皮脂と混ざると臭いはさらに強くなります。

そして、エクリン腺から出るサラサラとした汗と一緒に蒸発すると、周りの人にも臭いが届くんです。

ワキガは、アポクリン腺の数とアポクリン腺から発する汗の量が多い人に見られる症状です。

アポクリン腺があるのは、脇・乳輪・外陰部・外耳道など限られた場所だけです。

それ以外の場所でワキガは起きないのです。

肥満の人は、汗をかきやすい傾向にあります。

人の身体が絶えず発している熱というのは本来自然に放出されるものです。

しかし肥満の場合は脂肪が邪魔をするので、適切に熱が放出されないのです。

熱を放出するために多くの汗が必要となります。

大量の汗は衣服を湿らせて雑菌が繁殖しやすい状況を作ってしまいます。

この雑菌が、臭いをきつくする原因ですね。

特に、汗をそのままにしておくと臭いは悪化するんですよ。

ですから、汗をかいたらすぐに拭き取るようにしましょう。

ワキガは片方だけのことも多い?その原因と対策

ワキガで悩む人の中には、片方だけ脇が臭いという人もいるようです。

これはどういうことかというと、ワキガは利き腕の脇の臭いの方が強いというのが通常だからです。

頻繁に腕を使うためで、それが理由で発汗しやすく、またアポクリン腺の数も多くなっているのが利き腕側だからです。

このことから片方だけワキガということが起こるのです

それでも、片方だけの場合のワキガは軽度であることが多いとされています。

それは、要するに片方からはほとんど臭わず、利き腕側のみワキガの臭いがするということです。

脇の下にかく汗というのは、左右同じ量となるので、臭いも同じだと思い込んでいる人が少なくありません。

しかし、左右で臭いが違うことはよくあるのです。

自分の臭いが、右と左でどちらがよりキツかを知っていれば、臭い対策も万全にできることでしょう。

そして、利き腕ではない片方の脇しか臭わないのであれば、ワキガではない可能性もあるのです。

その場合、別の原因があるかもしれないので、医師の診察を受けた方がよいでしょう。

一般的に、アポクリン汗腺が多くなっているのは、利き腕の脇です。

利き腕の方が、動かす機会がたくさんあり、成長過程でアポクリン汗腺も、利き腕の方がより多く発達していくからです。

とは言っても左右の臭いで、まわりの人が感じるような極端な差が出ることはありません。

私たちが汗や臭い対策をする際、ほんの少しでも、利き腕側の脇を慎重にケアするように心がけるとよいでしょう。

片方だけケアする?それとも・・・

片方の脇だけお風呂から出た直後でも臭いがします…。

片方だけワキガというのは普通では考えられないのです。

ですから片方だけ臭いがするというのはワキガではない可能性のほうが高いです。

片方の脇だけ汗をすごくかくのは、利き手でよく動かすからです。

そして、反対の脇はリンパがつまっているのかもしれません。

極端に臭いが違う場合、腕の太さがちがったり、浮腫具合が違ったりしていることも多いのです。

その場合、特に効果があるとされているのが、半身浴やゲルマニウム温浴、さらには岩盤浴などです。

デトックス効果のある物を試してみるといいでしょう。

体の中にある毒素を出すことで改善される事もあるのです。

体の中と外からケア

ワキガはアポクリン腺から出るたんぱく質などを含んだ汗が、脇の中に存在する常在菌によって分解されることで、臭いを発するのです。

ですから、原因となる汗を拭きとることがワキガ対策としてはもっとも有効なんです。

もともと汗というのや無臭ですからね。

この際、注意したいのは殺菌効果のある汗拭きシートを使うと、よりニオイがきつくなることがあるということです。

殺菌効果のあるシートを使うと、さまざまな菌を一気に消滅させるんですよ。

ですから、ニオイを抑える役割がある常在菌まで失くしてしまうんですね。

そうなると嫌なニオイが増幅されることがあるんです。

また汗拭きシートに含まれる香りが脇のニオイと混じってくると、そこからさらに複雑なニオイになってしまうこともあります。

ワキガを気にするあまりに入浴時にゴシゴシと脇を洗う人がいるんですけど、残念ながら逆効果になることがあるんですね。

汗を拭きとるときも同じなんですが、あまり強い力で脇をこすらないようにしたほうがいいです。

かえって汗の分泌量を増やしてしまう結果につながるからなんですね。

そして、殺菌力の強い石鹸やボディソープを使うと、ニオイを抑えようとする菌まで失う結果になってしまいます。

そこで、保湿効果の高い石鹸を使って、タオルやスポンジではなく手で脇を洗いましょう。

そして洗い終わったら石鹸成分が残らないように洗い流すんです。

これってかなり効果大ですよ。

後は気持ちの問題です。

ストレスが溜まると脇汗も出やすくなりますから、心身共にリフレッシュすることが大切なんです。

冬は脇汗がすごい!コートまで染みてしまう人もいる

夏の暑い季節はやっぱり汗が気になってしまうものですが、実は冬でも汗をたくさんかいてしまうのです。

なぜそんなに冬場でも汗をかいてしまうのか、それは着込んだ状態と暖房により、自分が思っている以上に体温が上がってしまっているからなのです。

また冬場は脇汗の量も夏と変わらないぐらい出てしまうので、服の脇の部分も意外とびっしょり濡れてしまっている場合もあります。

中には服を通り越えて、コートまで脇汗が染み込んでしまうという方も少なくはありません。

あまり汗をかく季節ではないというイメージの冬ですが、実は意外にも汗でびっしょり、特に脇汗がひどくなってしまう季節なので注意が必要なのです。

脇汗がコートにしみてしまうと、汗染みもできてしまう場合がありますよね。

しかも脇汗となると汗染みだけではなく臭いも気になってしまうでしょう。

せっかくのお気に入りのコートも、汗染みができてしまうとすぐにクリーニングに出してしまわないといけなくなってしまいます。

また汗染みは落ちにくいので、そのままシミとなって残ってしまう場合もあります。

脇汗が多いのは夏場というイメージ、実は冬も同じイメージを持っておいた方が良いので、何かしら脇汗の対策は冬場でも必要です。

冬の脇汗ケアも忘れずに、コートが汚れてしまわないようケアしたいですね。

当然脇の臭いも強烈

夏の脇汗、臭いも気になってしまいますが、冬場の脇汗の臭いも実は強烈です。

夏は水分も冬場より多く摂取し汗もかきやすい状態、そのためさらっとした汗が出てくることも多いでしょう。

また夏の汗は量が多いので、ケアしきれずに臭いとなってしまう場合がほとんどです。

ですが冬場の汗はちょっと夏とは違うのです。

秋頃から涼しくなり汗腺の活動も落ちついて冬は汗が出にくくなってしまいます。

また摂取する水分量も夏場より減少してしまうため、さらっとした汗が出にくくなってしまいます。

濃度の高い汗はベタベタとして、しかも濃いので雑菌も繁殖しやすく臭いも発生しやすいです。

さらにたくさん服を着込んでいるので、脇も蒸れやすく雑菌が繁殖するには最適の状況となってしまうのです。

雑菌は臭いの元、しかもねっとりと濃い汗ならばさらに匂いも強烈になってしまいます。

このように冬の脇汗は汗染みだけではなく、臭いも強烈になりやすいのでケアが必要になるのです。

夏は汗をかくけど冬は汗をかかない、これは大きな間違いです。

冬だからこそ、意外とたくさん汗をかいてしまっているのです。

意外と臭いが強烈な冬の脇汗、できるだけ冬場も夏以上に気をつけてケアをするようにしましょう。

冬も脇臭ケアが必要

冬の脇汗、意外と臭いが強烈になってしまうので、できれば冬場の方がもっと意識してケアをする必要があります。

特に冬だからこそ、脇と密着した服を着る機会も多いので、脇臭ケアは欠かせません。

デオドラント系のケアはもちろん、食べ物などのケアも汗に大きく影響するので、取り入れておいた方が良いですね。

特に冬場は濃い食べ物を好む傾向になり、忘年会やクリスマスなど行事ごとも多いので、食事の内容もいつもと変わってしまうという方も多いでしょう

食事内容によっては体臭のほか、ダイレクトに脇の臭いへ影響してしまう場合もあるので、注意も必要です。

あとは服に脇汗がついて脇臭の原因となってしまわないように、脇汗パッドも装着していた方が良いですね。

夏場よりも目立たなくなるので、つけていてもわかりません。

あとは常に清潔に保つことも必要なので、通勤時にかいた汗はしっかりと拭き取り、お昼や夕方なども常に外出先ではチェックしておくと良いですね。

また一日の終わりにも、服についた汗をしっかりと落とすことも、後々シミや臭いが残ってしまわないようにするためにも重要なこととなります。

冬の脇汗と脇臭ケア、夏場以上に臭いがきつくなり自分でも不快な思いをしてしまう場合もあります。

臭いがきつくならないよう、デオドラントはできればしっかりとケアができるクリームタイプで、出た汗もしっかりとふき取れるシートも用意して、入念にお手入れをしましょう。

ワキガは市販のデオドラントでケアできない!サプリと併用がおすすめ

ワキガの方なら必需品としているデオドラント、でも臭いはしっかりと抑えられていますか?

実はワキガはデオドラントだけでは臭いを抑えることはできないのです

デオドラントにもたくさん種類はありますが、中でもスプレータイプは一番汗で流れやすいので、臭いを持続して抑え続ける効果はあまり期待できません。

ロールオンタイプやクリームタイプでも、やはりワキガの臭いは抑えづらいので、そこまでしっかりとした効果は期待ができないでしょう。

ただし、デオドラントだけでは期待できなかった効果も、サプリメントを一緒に取り入れることでしっかりと臭いケアができるのです。

最近では臭いケアができるサプリメントが開発され、新しい方法で臭いをケアすることができるようになりました。

とにかくデオドラントでは臭いケアが不十分だと感じる方には、サプリメントは特に併用してもらいたいケアアイテム。

サプリメントを併用することで、体の内側から臭いをケアしつつ、出てしまった臭いをデオドラントでケア、ダブルのケアでしっかりと臭いを抑える効果が期待できます。

デオドラントでは満足できないと感じているなら、ぜひサプリメントも一緒に取り入れて、しっかりと臭いを抑えられるケアを始めましょう。

市販でおすすめのデオドラント

市販品でもたくさんのデオドラント製品があり、気軽にどこでもいつでも購入できます。

ただし、ここまで種類が多いとどんなデオドラントを選んだら良いのかわかりませんよね。

そこで、オススメのデオドラント製品を市販品の中からご紹介したいと思います。

まずドラッグストアでも購入できるデオドラントの中でも、薬用のデオドラントでロールオンタイプは、効果も期待ができると評判があり、手軽さもあるのでオススメです。

ロールオンタイプなのでしっかりと塗り込めるのが嬉しいですね。

他にも定番の銀イオンが含まれたスプレーやベビーパウダーなども脇汗対策にはオススメの製品です。

ただこれらは塗るだけ吹きかけるだけの製品なので、汗をかくと流れ落ちてしまう場合もあります。

市販品の中でもできれば、ロールオンよりちょっと上のクリームタイプを使用した方が、落ちにくいので消臭効果も持続させることができるでしょう。

また一緒に服取りシートも使用すれば汗をかいた後の除菌も可能となります。

デオドラントでは完璧には汗は抑えられないので、少しでも汗が出ていれば、臭いが発生してしまわないように拭き取って除菌することも大切です。

あとはこれらのデオドラントを使用しつつ、一緒にデオドラントサプリメントを取り入れれば完璧。

一緒に使ってしっかりと脇の臭いを抑えましょう。

市販のデオドラントでは不十分な理由

オススメの市販のデオドラントと一緒にサプリメントの併用をオススメしていますが、なぜデオドラントだけではダメなの?と思う方も当然いますよね。

なぜかというと、デオドラントだけでは汗を持続して臭いを解消することができないからなのです。

デオドラントは出てくる汗に対しての消臭効果が期待できます。

ただしそれはその時限りになってしまいます。

汗が出てくると多少なりともデオドラントは流れ落ちてしまったり、服について取れてしまう場合があります。

そうなってしまうと、せっかくのデオドラントも効果が徐々になくなってしまうため汗の臭いを抑え続けることができません。

だからこそ、サプリメントで出てくる汗の臭いを根本から変えれば、出てきた汗もそこまできつい臭いでは無くなるので、デオドラントの効果が薄れても強烈な臭いへと変化しなくなるのです。

デオドラント付けてすぐは然りと効果を発揮してくれますが、持続性がないということを知っておかないといけませんね。

ただしこの不十分な問題も、デオドラントサプリメントを取り入れることで、しっかりと解消されていきます。

デオドラントだけでは物足りないと感じていた方も、サプリメントの併用で満足したケアができるでしょう。

まずはデオドラントも効果の高いものを選び、そしてサプリメントと併用して、ケアを完璧なものにしましょう。

男女の相性は体臭で決まるって本当?顔の好みだけでは人を好きにならない

人間は誰でも体臭があります。

世の中に同じ体臭のする人はいないと言われています。

体臭の好みが他人とかぶることもないといっていいでしょう。

それは、体臭が一人ひとりの遺伝子によって違うからなんですよ。

相手の体臭が好きという場合でしたら、その人の遺伝子を本能的に求めていると言うことです。

その遺伝子は自分自身が持つ遺伝子とは遠い遺伝子なんです。

女性は男性に男性は女性に自然に惹かれるようになっているんですね。

これは、自然界の動物と同じように人間にもまた、その一種であるということの証明なんです。

種の保存のためにより強い遺伝子を持つ子孫を残すように行動することはよく知られています。

それには、できるだけ異なる遺伝子を掛け合わせる必要があるんです。

自分と似た遺伝子、つまり自分の父親や異性の親戚から遠ざかる傾向にあるんですね。

そして、体臭の相性が良くない場合が多いのはこのためなんです。

遺伝子レベルで考えると免疫力が強く、より良い遺伝子を持つ子孫を残すようにインプットされている女性といのは、男性よりも嗅覚が優れているそうですよ。

産まれたときからもともとある匂いや、生活環境、さらには食べている物によって匂いは色々あるんです。

しかし、誰かに会ったときやすれ違ったときに「この人の匂いっていいな」と思った相手は、あなたとの相性がいい可能性が高いんですよ。

恋愛においても良い効果をもたらすことが多いんです。

外見のタイプがそれぞれあるのと同じで、匂いのタイプもそれぞれ違いがあるんですね。

違いが分かりやすい香水の匂いとは違って、人間の体臭を嗅ぎ分けるのは人間の本能なんです。

人それぞれ体臭は違う

自分の体臭はときには気が付きにくいこともあって、それが悩みの種ででもあるんですよね。

人によって体臭が強い人もいれば、全く臭わない人もいるんです。

それってなぜでしょうか。

問題は、人の皮膚に存在する共生細菌というのがあるんです。

それが汗を培養土として繁殖することなんですね。

人の体に住む細菌は有害なものばかりではありません。

病原体に対しての免疫力を決定する重要な役割を担っているんです。

しかし、汗をかいて肌が湿ったりオイリーになってしまうと細菌がその汗を吸収して繁殖するんです。

細菌が汗を吸収する時って悪い体臭のもととなる化学物質を生み出すために体が臭うんです。

もっとも、すべての細菌が同じように臭いのもとを生み出すわけではないんです。

ひとの体の表面には主に以下の菌が存在しています。

・ブドウ球菌
・コリネバクテリウム属
・プロピオニバクテリウム属
・マイクロコッカス属

以上の4種類の菌です。

そのなかでもコリネバクテリウム属の細菌が嫌な体臭の元になる物質を発生させるんです。

人はそれぞれに違った細菌分布を持っています。

これらの細菌が皮膚に存在する比率の違いによって、体臭が強い人がいたり弱い人がいたりするんですね。

コリネバクテリウム属の細菌が大部分を占める微生物相を持つ人といのは、体臭が他の人よりも強いと言えるんです。

だからこそ体臭ケアはとても大切

体臭は病気が原因になる場合もあるんです。

主な臭いの元というのは細菌が汗を吸収するときに発散する化学物質の臭いなんです。

汗をかくことは体にとって大切な働きです。

しかし、体臭は出したくないですよね。

それでは体臭を防ぐにはどうすればよいかというと…

リラックスする

ストレスなどのように、感情は汗を出す元になります。ヨガや瞑想などを効果的に取り入れましょう。

そしてリラックスする方法を学ぶんです。

食生活を変える

アルコール、お茶、コーヒー、香辛料などは、体温を上昇させるので、汗をかきやすくなります。

玉ねぎも臭いの強い汗の元になるので控えたほうがいいですよ。

入浴の後は体を乾かす

細菌は湿った皮膚の上で繁殖します。

ですから、体をよく乾かしましょう。

靴を毎日変える

足は特に汗をかきやすい場所なんです。

毎日同じ靴を履くのではなく一日おきぐらいがいいですね。

靴を毎日履き替えて、その間に汗で湿った靴をしっかりと乾かしましょう。

敏感肌の人はデオドラントでもかぶれる!かぶれが黒ずみになる悪循環

新しいデオドラントを使い始めて数日で、肌がかぶれていることに気が付くことも…。

脇が赤くなって痒いし何だか熱を持ってきてだるいかも…。

デオドラントを使っていて困るのが自分の肌に合わないことです。

オーガニック素材のデオドラントやアルコールフリーといった商品なんかも販売されています。

しかし、ワキガの臭いを抑えきれない商品はダメですね。

そうすると、クリームやジェルタイプはどうでしょうか。

脇がかゆい、かぶれる…さらに腫れるなどの肌トラブルが起きることがあります。

そのときは、一旦今使っているデオドラントの使用を中止しましょう。

何が原因で肌トラブルが起きているのか…

そのデオドラントに使われている原材料に注目するんです。

症状がひどいときは皮膚科を受診して薬を塗って様子をみるのがいいですね。

それが落ち着いてからデオドラントの使用を再開させてみましょう。


敏感肌の人のデオドラント選び

脇の下のすぐ近くにリンパ腺があるんです。

これは細菌などをブロックする働きがあるんです。

その近い部分にデオドラント剤を塗っているんですから、使うときには注意をしたいですね。

海外製のデオドラントでよく使われているのが塩化アルミニウムなんです

これって、特に害があるのではないかと言われているんですよ

主に肌荒れの原因となる物質は、塩化アルミニウムとエタノールです。

他にも銀やイソプロピルメチルフェノール、さらには塩化ベンザルコニウムにミョウバンや亜鉛などがあります。

あなたが今使っているデオドラント商品の裏面をよく確認してみるといいでしょう。

それから、わき毛を剃ったり抜いたり除毛した直後なんですけど…

そのときに、デオドラント塗りこんでいないでしょうか。

特にロールオンタイプは肌に直に入っていきます。

除毛、カミソリや毛抜き処理直後のデオドラントは禁止したほうがいいですよ。

無駄なわき毛はサロンや医療機関で脱毛してしまった方がベターなんです。

ムダ毛がないだけでもかなりストレスフリーになりますからね。

今は値段も安くて脇脱毛ができるので気軽に試して、よければ脱毛しちゃいましょう。

肌に優しいクリームタイプのデオドラントがオススメです。

子供やデリケートゾーンにも使える商品は肌にやさしい成分が使われているんです。

各社からたくさんの商品が出てるので、肌に合わない時の返金制度や解約するなどの注意事項を確認してから購入しましょうね。


サプリがおすすめ

ワキガの根本的な原因はなんでしょうか。

それは、遺伝からくるアポクリン腺が多いという体質なんです。

ですから、ワキガ臭自体を完全に治すということは手術以外では無理なんです。

しかし、ワキガ臭を強くするいろんな原因を抑えることはできるんですよ。

食べ物で、ワキガ臭や体臭は強くなったり弱くなったりしますからね。

ですから、適切な成分(の入っているサプリメントを選ぶことで、ワキガ臭や体臭対策に効果があるんです。


ニオイは体調や状況によって左右されます。

今は臭うかなって時と、わりと大丈夫だなってときですね。

今は大丈夫だなっていう体調が維持できるようにサプリを使って手軽にサポートしてもらいましょう。

サプリの成分を選ぶポイントは3つです

・体内の活性酸素を抑える
・胃腸をスッキリさせ腸内の善玉菌を増やす
・皮脂の分泌と汗を抑える

皮脂と汗は、ワキガ臭が強くなる大きな原因なんです。


ストレスや不規則な生活が続いている、生理前になると臭いが強くなる、そして、40歳を過ぎたあたりから、体調の変化と一緒に臭いも汗も強くなってきた…。

こういう状況のときは、ホルモンバランスや自律神経を整える成分が、臭いと汗と体調をサポートしてくれるんです。

とくに女性ホルモン(エストロゲン)がグッと減少していく40代のときから、ホルモンバランスと自律神経を整えるサプリがおすすめですよ。

7日間効果が持続するラヴィリンとは?

ワキの臭いは男性だけではなく女性にもあり、子供からお年寄りまでの幅広い年齢層の悩みとなっています。

特にワキガ臭は通り過ぎるだけで人を不快にさせますし、近くに行って話しかけようものなら鼻をつく強烈な臭いで不快にさせてしまいますので、学校や職場、自宅でも嫌われることがあります。

そうしたワキガ臭はケア商品を使用することによって抑えることができます。

では、どのようなワキガケア商品が良いのでしょうか?

それは、最近になって注目されている「ラヴィリン」というデオドラントクリームです。

このラヴィリンは1997年の発売開始以来、国内販売実績が600万個を超えており、1回塗るだけで7日間効果が持続するというのが最大の特徴とされています

消臭効果が7日間も持続しますので面倒なことはありませんし、毎日塗らなくても良いので塗り忘れることもありません。

また、ラヴィリンを塗ってお風呂に入っても良いですし、ワキをゴシゴシ洗ったり長時間湯船に浸かっていても効果が薄れることはありません。

これは、ラヴィリンに含まれている有効成分のイソプロピルメチルフェノールがしっかり浸透しているからです。

それと、ラヴィリンが7日間も持続するのは、厳選した天然ハーブを独自に調合してエキスにしてしますし、毛穴から浸透して臭いの原因菌に直接働きかけているからです

そして、他の多くのデオドラントはアルコールやアルミニウム塩で臭いを抑えていますが、長時間持続することはありませんし、1日に何回も使用して毛穴を詰まらせてしまうことがあります。

でも、ラヴィリンには毛穴を詰まらせる成分が含まれていませんし、週に1度使用するだけなので肌のトラブルを起こすこともありません。

このようなデオドラントクリームのラヴィリンはワキガケアには最適なクリームですし、長期間持続する画期的なデオドラントクリームと言えますので、ワキガ臭で悩まされている人は使用してみてはいかがでしょうか。

使った人の感想

感想

良い感想:私は30歳になった頃、ワキガ臭に悩まされ始め、付き合っていた彼氏にフラれるほど強烈な臭いでした。

最初は本当に7日間も持続するの?と疑っていましたが、本当に1回塗り混むだけで1週間も持続しました。

どれくらいまで消臭効果が持続するのか試してみたところ、私の場合は10日間も持続してくれました。

しかも、効果が薄れたのは10日目の午後だったので凄いと思いました。

凄く効果を感じていますので、これからも続けて使用していこうと思っています。

悪い感想:ラヴィリン以外の色々なデオドラントを試したのですが、あまり効果がなかったのでラヴィリンを使用してみました。

でも、私の肌に合っていないのか使用方法が悪かったのかは分かりませんが、2日目には消臭効果が切れてワキガ臭が出てしまいました。

とりあえず残りを捨ててしまうのは勿体ないと思ったので使い続けていますが、すごく期待していただけに残念でなりません。

今は毎日塗るようにしていますが、朝塗って帰ってくる夕方には効果が薄れています。

ラヴィリンのメリットとデメリット

デオドラントクリームのラヴィリンには様々なメリットがあります。

7日間効果が持続するから毎日塗らなくても良いので手間や時間がかかりませんし、お風呂やプールに入るときも気を付けなくて良いから楽です。

それに、消臭効果だけではなく肌を優しくいたわってくれますので肌が弱い人でも安心です。

1個で約6か月使えるのも良いですし、コンパクトサイズなので外出や旅行でも気軽に持ち歩くことができます。

デメリットは、使用することによって少しベタベタ感があることや価格が少し高く設定されていることです

体臭は電車に乗るとばれる!密室では意外なほど人の臭いに敏感になる

加齢臭とか疲労臭とか臭いにはいろいろあるようですが、何がいけないかというと、その臭いが耐え難いことです。

特に密室状態となる電車の中での臭いは逃げ場がないので大変です。

特に密室となると、すごく臭いに敏感になってしまうんですよ。

柿渋のボディソープを使っている人も少なくないかもしれませんが、アトピーな体質には合わないようですね。

それでも使っている時と、使ってない時では数時間後の臭いが全く違ってくるって評判なんですよ。

まあ、こればかりは体質もあるから仕方ないんですけど…。

満員電車の中で、体臭がきつい男性の近くになるととても辛いですよね。

特に、一度汗をかいたのに着替えなどをしないような人は、かいた汗が雑菌を繁殖させるんです。

そしてそれが原因で異臭を放って、そのにおいは心底耐え難いんです。

満員電車ではやめてほしいですよね。

臭いが酷い人と電車で一緒になってしまったときは、場所をずれるかできなければマスクしたほうがいいかも…。

夏場はほんとに周りの人のためにも気をつけてほしいです。

特に男性は加齢臭がありますからね。

短時間で臭いがきつくなるので本当にこまめに清潔にしてほしいです。

ワキガの人は冬こそ注意

冬に汗のトラブルが多い

気温が低く汗のトラブルとは無縁に思える冬場です。

しかし、なぜか汗のトラブルが冬には多いのです。

それは何故でしょうか

理由としては気温の低下に対抗するため、人は寒い冬の方が、基礎代謝が高くなるんだそうです。

基礎代謝が高いということは体温を上げやすい…すなわち汗をかきやすいということです。

実は冬が一番汗をかきやすい季節なんですね。

以上のことから、冬に汗のトラブルが起きるのは必然ともいえるのです。

夏場のように、じっとしていても暑さで汗が噴き出るなんていう状態とは違うんです。

あくまで基礎代謝が高まり、体温が上がりやすくなるので、少し動くと汗をかきやすい状態にということですね。

ワキガの人は要注意!

どうして臭いが発生するのでしょうか。

第一の理由は衣服なんです。

薄着で過ごす夏は汗の臭いは常に体外に放出されてるんです。

しかし、冬はそうじゃないですよね。

厚着になって通気性が悪くなり、臭いは内へこもることになるんです。

脇の下の衣服にその臭いが濃縮されるのです。

だから、冬の臭いは夏の臭いよりも強烈に臭うんですね。

ワキガの人はほんとに大変だと思います。

冬のワキガケア

冬のワキガの理由を考えると、気をつけるべきは衣服についてですね。

通気性のよい素材を心がけることが大切です。

そして、内に臭いを濃縮しないように気をつけましょう。

基礎代謝が高なるので、暖房の強い部屋に入ると汗をかきやすいんです。

そういう時は部屋に入る前に上着を脱ぐなりして、暖気に慣れてから部屋へはいると比較的汗をかきにくいです。

体質だからといって放置して生活するのはエチケット違反です。

何よりも、いつも臭いが気になってしまうというのは普段の生活の中で苦痛ですからね。

市販のデオドラントを試してみるなどの積極的な対策も必要です。

その中でも、ワキガの症状に特化したワキガクリームなども効果的ですよ。

夏だけでなく、冬場のワキガケアにも十分な効果をもたらしてくれるんです。

自分にあったわきが対策を探してみましょうね。

汗は気温や代謝によるものだけではありません。

緊張や不安から冷や汗などもでるという事を忘れてはいけないんです。

ワキガでない人であれば、夏場だけ気を使えば良いデオドラントケアです。

いっぽうで、ワキガ体質の人は通年気を抜けない事情もあるんです。

最近は、わきが専用のクリームが簡単で、通年ケアを楽しく習慣化できます。