あなたは気にしすぎかも!自己臭症の症状とは?

他人に不快感を与えてしまうのが臭いです。

臭いは様々な部分から出てしまいますので気づきにくいことがありますし、人から指摘されて気づく人もいます。

また、臭いを気にし過ぎることでストレスになってしまい、そのストレスが原因となって臭いを強くしてしまうこともあります。

他人から臭いを指摘されると気になってしまい、それ以降も臭いを気にしてしまうこともありますが、それはもしかしたら自己臭症かもしれません。

自己臭症とは他人を不快にさせる臭いを出していないのに、自分からは人に不快感を与える臭いが出ている、周りの人はいつも自分のことを臭いと思っている、と思い込んでしまうことです。

1度でも臭いと言われて気になり始め、それがトラウマとなっていつまでも自分は臭いと思い込んでしまうことがあり、これを幻臭と言います。

こうした自己臭症が考えられる人は幻臭を気にして生活していますので、普通の人よりも清潔を保っている人が多くいます。

幻臭によって辛い日々を送っているのですが、清潔を保ち続けているという凄く素晴らしい人が多くいると言えます。

このようなことからも分かるように、もしかしたら自己臭症かも?と考える人はいると思いますが、信頼できる人に1度で良いから自分の臭いについて聞いていみるのも良いのではないでしょうか。

自己臭症の原因は何?

自己臭症は毎日の生活が大変ですので、できることなら早く改善したほうが良いのですが、まずは自己臭症の原因を知っておくと良いでしょう。

自己臭症の原因は日頃から臭いに敏感な人や几帳面な人などに現れやすい疾患とされており、過去に自分の臭いを指摘されたことがトラウマになって臭いに過敏なってしまいます。

また、臭いが出ていないのに気にし過ぎて症状が悪化し続けることもあり、それが几帳面の人にとって大きなストレスになって過剰な行動に繋がることもあります。

例えば口が臭くないのに必要以上に歯磨きをしたり、体から臭いが出ていないのに下着や服をすぐに着替えてしまうこともあるのです。

また、自己臭症が悪化すると対人恐怖症になることもあり、電車やバスなどに乗って人と会うのが嫌になったり、人と会って話すことも嫌になってしまうこともあります。

更に学校や職場に行くのも嫌になってしまい、酷い人はうつ病や統合失調症という深刻な病気を患ってしまうこともあるのです。

このようなことからも分かるように、人によっては些細なことが原因になっていると言えますが、当人は深刻に悩んでしまいますので軽はずみに臭いというのは良くありません。

自己臭症の原因は当人だけではなく、そう思わせる周りの人にもありますので気を付けておかなければいけません。

自己臭症の症状とは?

医師

自己臭症になってしまうと実際にはそれほどない臭いを気にしてしまいます。

その自己臭症の症状は人によって多少の違いがありますが、多くの人は次のような症状があらわれます。

自分からクサイ臭いが出ていると思い込んでしまうこと、どんな時でも臭いが気になって頭から離れない、周りにいる人の仕草が自分の臭いを避けていると思ったり疑いやすくなる、臭いのことに気持ちが行き過ぎて他のことが手につかなくなる、臭いが出ていると思った部分を必要以上に洗ってしまう、1日に何度も下着や服を変えてしまう、人ごみを避けたり接触や会話を嫌うようになることです。

このような症状は自己臭症になると知らない間に行ってしまうことがあり、周りにいる人は避けられていると勘違いしてしまうことがあります。

それが原因となってお互いに避けるようになり、人間関係がどんどん悪化して孤立してしまうこともあるのです。

ですので、自己臭症はできるだけ早く治療を受けて改善したほうが良いのです。

自己臭症の治療法

自己臭症は精神疾患の一種とされており、存在しない臭いを感じて気にしてしまう幻臭という症状があらわれ、周りにいる人が自分のことを臭いと思い込んでしまいます。

過去に臭いで指摘されることが原因となりますが、では自己臭症の治療法はどのような方法があるのでしょうか?

自己臭症は心の病とされていますので、治療を受けるためには精神科や心療内科を受診しなければいけません。

対話面接による精神療法や内服薬による薬物療法などが主な治療法となり、どちらか片方だけの治療で効果を得られる人もいますが、両方受けたほうが効果的となります。

治療法は医師と相談して決められますので、まずは医師に相談できるように受診しましょう。

また、自己臭症はうつ病や統合失調症を併発する可能性がありますので、そうした疾患も精神科や心療内科の医師に相談しておくと良いでしょう。

このような治療法は患者によって長く続く場合もありますが、改善するためには定期的に通わなければいけません。

ですので、ただでさえ辛い日常生活を送らなければいけませんので大変ですが、根気よく通い続けて改善していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です