自分では気付かない加齢臭の特徴とは?

加齢臭という単語は誰でも聞いたことがあるでしょう。

決して良いこととは言えませんので、できることなら避けたいものです。

しかし、年齢を重ねて中年くらいになると加齢臭で悩まされる人は増え、自分が困るだけではなく、家族や友人などの周りにいる人も困らせてしまうことがあります。

そんな加齢臭は自分では分かりにくいというのをご存知でしょうか?

加齢臭が自分では分かりにくいのは味覚の順応ということが関係しています。

これは、同じ臭いを嗅ぎ続けることでその臭いに慣れてしまうということです。

加齢臭のようなキツイ臭いでも毎日嗅ぎ続けることで鼻が慣れてしまうのです。

また、味覚の順応は味覚の疲労ともされており、視覚や聴覚、嗅覚などの感覚などの中でも特に嗅覚は疲労しやすいので加齢臭のような臭いでも感じにくくなります。

それに、加齢臭のような気分が悪くなる臭いを嗅ぎ続けることによって精神的なストレスを感じますが、そのストレスを少しでも感じなくしようと本能が防御反応を起こすとも言われています。

このような自分では分かりにくい加齢臭とはどんな臭いなのか気になってしまうでしょう。

加齢臭をどのような臭いか表現するときは、ブルーチーズや古本、腐った油や魚のような臭い、数日経過した天ぷらやロウソクなどの臭いと表現されます。

臭いの感じ方には個人差がありますが、鼻をつくような強烈な臭いを発生させることもありますので、臭いを感じやすい人には辛いかもしれません。

加齢臭はどこから出てる?

加齢臭は40代くらいから出るとされており、加齢によって増えるパルミトオレイン酸や過酸化脂質が酸化・分解されてノネナールという臭い物質を発生させることで出てしまいます。

では、加齢臭はどの部分から出るのでしょうか?

それは、皮脂腺が多く集まる部分から多く出るとされており、特に耳の後ろ、頭、胸、ワキ、背中などです。

最初に気づきやすいのが耳の後ろから出る加齢臭で、耳の後ろを手で擦ると臭いに気づきますし、枕に臭いがつきますので枕の臭いを嗅げば誰でも気付くことができます

その耳の後ろから頭や背中、ワキなどの皮脂腺が多い部分に臭いが回っていきます。

また、汗をかきやすい部分にも加齢臭は発生しやすいので注意が必要です。

特にワキの下は皮脂腺だけではなく、汗腺のアポクリン腺がありますので強烈な加齢臭が出やすいです。

それと、陰部からも加齢臭が発生しますが、これは陰部にある皮脂腺からノネナールが発生しているからです。

特に陰部には雑菌が多くいますのでしっかり清潔を保たないとすぐに臭いが出てしまいます。

蒸れやすい陰部は他の臭いと混ざり合って耐え難い臭いを発生させますので気を付けておきましょう。

こうしたことからも分かるように、加齢臭は体の様々な部分から出ますので40代くらいになる人は特に気を付けておかなければいけません。

男女で加齢臭の臭いは違う?

加齢臭は男性だけが発生させると思われがちですが、実は女性でも年齢を重ねることによって発生させることがあるのです。

臭いそのものはそれほど男女差はありませんが、どちらかといえば男性の方が臭いはきつくなります。

男性の場合は加齢臭に加えて汗の臭いなどが混じることもありますので女性よりもキツイ臭いになることがあります。

では、どうして男性のほうが臭いが強くなるのでしょうか?

それは皮脂腺の量やホルモンが深く関係しています。

加齢臭の原因となる皮脂腺が男性の方が多くありますので当然のような臭いも発生しやすくてきつくなります。

ホルモンが関係するのは男性ホルモンには皮脂の分泌を促進させる働きがあるからです。

皮脂の分泌が増えるということはそれだけ臭いが出やすくなりますので加齢臭が出やすいのは当然のことと言えます。

また、女性ホルモンには皮脂の分泌を抑える働きがありますので男性よりも加齢臭が出にくくなっています。

更に加齢臭の原因物質となるノネナールを抑える働きもあります。

とは言っても、女性は閉経を迎える頃に女性ホルモンが減少していきますので、加齢臭の原因となる皮脂の分泌やノネナールを抑えることが難しくなり、これによって男性と同じように強烈な臭いを発生させる人もいるのです。

体の中からもケア

ステーキ

加齢臭は体の外だけの問題ではありませんので、体の中もケアすることが大切です。

体の外は毎日しっかりお風呂に入って清潔を保つようにし、場合によっては臭いを抑えるケア用品を使用します。

体をゴシゴシと強く洗うのは逆に皮脂の分泌を促してしまいますので優しく適度な洗い方を心がけておきましょう。

体の中のケアは食生活の見直しが重要となります。

肉類中心の食事は皮脂腺の働きを活発にさせますので野菜中心の食事に心がけておき、特に加齢臭の原因となる活性酸素を抑えることが重要となりますので、抗酸化作用があるポリフェノールやビタミンE、カテキンやβカロテンなどを多く含む緑黄色野菜を積極的に摂取すると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です