冬は脇汗がすごい!コートまで染みてしまう人もいる

夏の暑い季節はやっぱり汗が気になってしまうものですが、実は冬でも汗をたくさんかいてしまうのです。

なぜそんなに冬場でも汗をかいてしまうのか、それは着込んだ状態と暖房により、自分が思っている以上に体温が上がってしまっているからなのです。

また冬場は脇汗の量も夏と変わらないぐらい出てしまうので、服の脇の部分も意外とびっしょり濡れてしまっている場合もあります。

中には服を通り越えて、コートまで脇汗が染み込んでしまうという方も少なくはありません。

あまり汗をかく季節ではないというイメージの冬ですが、実は意外にも汗でびっしょり、特に脇汗がひどくなってしまう季節なので注意が必要なのです。

脇汗がコートにしみてしまうと、汗染みもできてしまう場合がありますよね。

しかも脇汗となると汗染みだけではなく臭いも気になってしまうでしょう。

せっかくのお気に入りのコートも、汗染みができてしまうとすぐにクリーニングに出してしまわないといけなくなってしまいます。

また汗染みは落ちにくいので、そのままシミとなって残ってしまう場合もあります。

脇汗が多いのは夏場というイメージ、実は冬も同じイメージを持っておいた方が良いので、何かしら脇汗の対策は冬場でも必要です。

冬の脇汗ケアも忘れずに、コートが汚れてしまわないようケアしたいですね。

当然脇の臭いも強烈

夏の脇汗、臭いも気になってしまいますが、冬場の脇汗の臭いも実は強烈です。

夏は水分も冬場より多く摂取し汗もかきやすい状態、そのためさらっとした汗が出てくることも多いでしょう。

また夏の汗は量が多いので、ケアしきれずに臭いとなってしまう場合がほとんどです。

ですが冬場の汗はちょっと夏とは違うのです。

秋頃から涼しくなり汗腺の活動も落ちついて冬は汗が出にくくなってしまいます。

また摂取する水分量も夏場より減少してしまうため、さらっとした汗が出にくくなってしまいます。

濃度の高い汗はベタベタとして、しかも濃いので雑菌も繁殖しやすく臭いも発生しやすいです。

さらにたくさん服を着込んでいるので、脇も蒸れやすく雑菌が繁殖するには最適の状況となってしまうのです。

雑菌は臭いの元、しかもねっとりと濃い汗ならばさらに匂いも強烈になってしまいます。

このように冬の脇汗は汗染みだけではなく、臭いも強烈になりやすいのでケアが必要になるのです。

夏は汗をかくけど冬は汗をかかない、これは大きな間違いです。

冬だからこそ、意外とたくさん汗をかいてしまっているのです。

意外と臭いが強烈な冬の脇汗、できるだけ冬場も夏以上に気をつけてケアをするようにしましょう。

冬も脇臭ケアが必要

冬の脇汗、意外と臭いが強烈になってしまうので、できれば冬場の方がもっと意識してケアをする必要があります。

特に冬だからこそ、脇と密着した服を着る機会も多いので、脇臭ケアは欠かせません。

デオドラント系のケアはもちろん、食べ物などのケアも汗に大きく影響するので、取り入れておいた方が良いですね。

特に冬場は濃い食べ物を好む傾向になり、忘年会やクリスマスなど行事ごとも多いので、食事の内容もいつもと変わってしまうという方も多いでしょう

食事内容によっては体臭のほか、ダイレクトに脇の臭いへ影響してしまう場合もあるので、注意も必要です。

あとは服に脇汗がついて脇臭の原因となってしまわないように、脇汗パッドも装着していた方が良いですね。

夏場よりも目立たなくなるので、つけていてもわかりません。

あとは常に清潔に保つことも必要なので、通勤時にかいた汗はしっかりと拭き取り、お昼や夕方なども常に外出先ではチェックしておくと良いですね。

また一日の終わりにも、服についた汗をしっかりと落とすことも、後々シミや臭いが残ってしまわないようにするためにも重要なこととなります。

冬の脇汗と脇臭ケア、夏場以上に臭いがきつくなり自分でも不快な思いをしてしまう場合もあります。

臭いがきつくならないよう、デオドラントはできればしっかりとケアができるクリームタイプで、出た汗もしっかりとふき取れるシートも用意して、入念にお手入れをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です