体臭は電車に乗るとばれる!密室では意外なほど人の臭いに敏感になる

加齢臭とか疲労臭とか臭いにはいろいろあるようですが、何がいけないかというと、その臭いが耐え難いことです。

特に密室状態となる電車の中での臭いは逃げ場がないので大変です。

特に密室となると、すごく臭いに敏感になってしまうんですよ。

柿渋のボディソープを使っている人も少なくないかもしれませんが、アトピーな体質には合わないようですね。

それでも使っている時と、使ってない時では数時間後の臭いが全く違ってくるって評判なんですよ。

まあ、こればかりは体質もあるから仕方ないんですけど…。

満員電車の中で、体臭がきつい男性の近くになるととても辛いですよね。

特に、一度汗をかいたのに着替えなどをしないような人は、かいた汗が雑菌を繁殖させるんです。

そしてそれが原因で異臭を放って、そのにおいは心底耐え難いんです。

満員電車ではやめてほしいですよね。

臭いが酷い人と電車で一緒になってしまったときは、場所をずれるかできなければマスクしたほうがいいかも…。

夏場はほんとに周りの人のためにも気をつけてほしいです。

特に男性は加齢臭がありますからね。

短時間で臭いがきつくなるので本当にこまめに清潔にしてほしいです。

ワキガの人は冬こそ注意

冬に汗のトラブルが多い

気温が低く汗のトラブルとは無縁に思える冬場です。

しかし、なぜか汗のトラブルが冬には多いのです。

それは何故でしょうか

理由としては気温の低下に対抗するため、人は寒い冬の方が、基礎代謝が高くなるんだそうです。

基礎代謝が高いということは体温を上げやすい…すなわち汗をかきやすいということです。

実は冬が一番汗をかきやすい季節なんですね。

以上のことから、冬に汗のトラブルが起きるのは必然ともいえるのです。

夏場のように、じっとしていても暑さで汗が噴き出るなんていう状態とは違うんです。

あくまで基礎代謝が高まり、体温が上がりやすくなるので、少し動くと汗をかきやすい状態にということですね。

ワキガの人は要注意!

どうして臭いが発生するのでしょうか。

第一の理由は衣服なんです。

薄着で過ごす夏は汗の臭いは常に体外に放出されてるんです。

しかし、冬はそうじゃないですよね。

厚着になって通気性が悪くなり、臭いは内へこもることになるんです。

脇の下の衣服にその臭いが濃縮されるのです。

だから、冬の臭いは夏の臭いよりも強烈に臭うんですね。

ワキガの人はほんとに大変だと思います。

冬のワキガケア

冬のワキガの理由を考えると、気をつけるべきは衣服についてですね。

通気性のよい素材を心がけることが大切です。

そして、内に臭いを濃縮しないように気をつけましょう。

基礎代謝が高なるので、暖房の強い部屋に入ると汗をかきやすいんです。

そういう時は部屋に入る前に上着を脱ぐなりして、暖気に慣れてから部屋へはいると比較的汗をかきにくいです。

体質だからといって放置して生活するのはエチケット違反です。

何よりも、いつも臭いが気になってしまうというのは普段の生活の中で苦痛ですからね。

市販のデオドラントを試してみるなどの積極的な対策も必要です。

その中でも、ワキガの症状に特化したワキガクリームなども効果的ですよ。

夏だけでなく、冬場のワキガケアにも十分な効果をもたらしてくれるんです。

自分にあったわきが対策を探してみましょうね。

汗は気温や代謝によるものだけではありません。

緊張や不安から冷や汗などもでるという事を忘れてはいけないんです。

ワキガでない人であれば、夏場だけ気を使えば良いデオドラントケアです。

いっぽうで、ワキガ体質の人は通年気を抜けない事情もあるんです。

最近は、わきが専用のクリームが簡単で、通年ケアを楽しく習慣化できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です