椿油は万能オイル!食べることもできます

PR

椿油は全身に使える万能オイル

 

オイル

椿油は全身に使える万能オイルですが、「塗る」という方法以外にも「食用」としても利用することができるのです。

 

美容としての椿油はよく見かけることができますが、あまり最近では食用としては見かけることも少なくはなっています。

 

ですが椿油は食べても優秀なので健康管理に気を使っている方には是非オススメしたいオイルです。

 

椿油の食用としての利用方法はオリーブオイル系と同じです。

 

サラダドレッシングとしても利用することができますし、調理にも使用することができるのです。

 

サラダに使用する場合にはそのままかけて食べる方法も

 

特に椿油は熱にも強く酸化しにくいため加熱調理にも向いているオイルです。

 

酸化は体の老化を進めるのでアンチエイジングとしても最適ですね。

 

またそのまま飲むということもできます。

 

さらりとしたオイルなので体にもなじみやすく、オリーブオイルのように飲むことができます。

 

揚げ油としての使用もできますし、普通に料理用としては制限なく使用することができます。

 

人によっては多少のくせも感じるかもしれませんが、オリーブオイルと同じく慣れれば食卓のなじみにもなるでしょう。

 

スーパーでは手に入れにくいかもしれませんが、ネットなどでは手に入るので体の健康も考えるのであれば試してみましょう。

 

 

顔のお手入れにも

 

万能オイルの椿油ですが、全身にも使用できますし食用としても使用できます。

 

そしてもちろん全身ということで顔にも使用することができるのです。

 

椿油は保湿効果の高いオイルなので、肌のバリア機能を高めるとともにターンオーバーも促し調子を整えてくれます。

 

また椿油は人の皮脂に近い成分であるため、さらっと肌にもなじみやすくなっています。

 

美容液代わりに使用しても紫外線に強く吸収してくれるので日焼けや油焼けの心配もありません。

 

紫外線が吸収されるという効果も日焼け止めとして利用することができるのです。

 

紫外線も肌とあぶるの大きな原因にもなってしまいます。

 

乾燥やシミの原因も椿油で予防することが可能でしょう。

 

そして顔に使用することで過剰な皮脂の分泌も抑えられるでしょう。

 

またクレンジング代わりにも使用することができるので、気になる毛穴の皮脂詰まりも解消することができ殺菌効果もあるためニキビケアもできるのです。

 

また肌を柔らかくする効果も期待できるので、柔軟性のある肌でシワの予防も期待ができますね。

 

このように全身どこにでも椿油は使用することができる万能オイルであり、コストもかからない美容アイテムなのです。

 

ただ顔の使用には合わないこともあるので、最初にパッチテストをしてから使うようにしましょう。

 

 

食用の椿油の効果

 

オイル2

 

髪やお肌だけではなく食用としても使うことができる椿油ですが、食用でも使用することができます。

 

また食用でも健康志向の方には良い効果が期待できるのです。

 

椿油はオレイン酸が豊富に含まれておりオリーブオイルよりも多く含まれています。

 

そのためコレステロール値を下げる効果も期待ができるのです。

 

生活習慣病に悩む方も脂っこい食事が好きな方も、食卓のオイルを椿油に変えることで改善することができますね。

 

またさらりとしたオイルであることから、便秘の改善にも効果が期待できます。

 

そのまま飲むこともできるオイルなので、便秘改善にスプーン1杯ほどを服用してみると良いでしょう。

 

また酸化しにくいタイプのオイルなので、加熱にも向いています。

 

酸化しにくいことから体内からのアンチエイジングにも向いているオイルです。

 

肌の保湿にも役立つ椿油ですが、肌にとっては内側からの油も潤いを保つには必要です。

 

椿油ならコレステロールなども気にせず取り入れることができるので安心でしょう。

 

美容系に使用できるオイルには食用としては向かない場合もあるのですが、椿油はその両方を満たしてくれる万能さも魅力的ですね。

 

椿油は食用と美容では分けられているので購入の際は注意しましょう。

 

体内改善にも椿油から始めてみましょう。

 

 

 

 

PR