椿油で白髪予防は可能か

PR

椿油で白髪が黒くなる? 

 

白髪が増えるのは髪への栄養不足・血行不良などが関係しています。

 

頭皮

 

特に頭皮の環境が良くない場合には負の相乗効果となり、より一層白髪が増えてしまう場合もあるのです。

 

そこで髪にも良いと言われる椿油で白髪ケアをしてみましょう。

 

椿油は頭皮ケアにはぴったりの美容オイルでもあります。

 

優しく頭皮をマッサージすることで保湿成分が働き肌を健康な状態にしてくれます。

 

また頭皮が柔らかくなることで血流も良くなり栄養分も滞ることなく行き渡っていくでしょう。

椿油でマッサージすることで毛穴に詰まった汚れも取れるのでしっかりした髪も生えてきます。

 

毛根に栄養が行き渡ることで髪の毛の色素成分も滞ることがなくなり白髪も張る場合があります。

 

戻り具合や時間などには個人差もありますが、予防にもなるので続けてみましょう。

 

白髪は放っておくとどんどん増えていくもので、気がつけば何本も白髪になっていたということもあるのです。

 

増える白髪を予防するためにも椿油は活躍してくれるでしょう。

 

白髪の原因は他にも紫外線などが関係しているとも言われています。
椿油は紫外線対策にも使用することができるので、日頃から使用していれば紫外線も怖くはありませんね。

 

まずは白髪染めをする前に使用してみましょう。

 

 

なぜ白髪予防ができるのか

 

椿油は頭皮の健康を整えてくれるため、髪の毛全体のケア用品として昔から重宝されています。

 

また白髪のケアでも使用されていますが、なぜ白髪ケアができるのでしょうか。

 

それは椿油の特徴が関係しているのです。

 

どの成分に効果があるのかはまだ明らかではありませんが、椿油の高い保湿性などの特徴が白髪に効果があるのです。

 

白髪は血行不良や栄養不足などにより色素が抜けていくと考えられており、黒髪を保つには頭皮の健康が重視されるものでもあります。

 

頭皮がボロボロの状態では血行も悪いため毛根に栄養も行き渡ることはありません。

 

そのため白髪になってしまうのですが、椿油によってケアすると高い保湿成分でまず頭皮が潤い柔らかくなり血行不良が改善されます。

 

血行不良が改善されれば毛根にも栄養が渡り色素も抜けることはありません。

 

また頭皮が健康になれば肌のターンオーバーも促され、古い角質や毛穴の詰まりも除去され健康な髪が育ちやすくなるでしょう。

 

このように白髪のケアにはまず頭皮環境の改善が重要ということになるのです。
白髪染めではケアにもならず、薬剤でさらに頭皮も痛めてしまいます。

 

白髪が増えてケアを始めようと考えるのであれば染めるのではなく椿油で始めましょう。

 

 

白髪予防に効果的な使い方

 

バスタイム

 

椿油で白髪のケアはできますが、使い方によっては効果が得られない場合もあるので注意しましょう。

 

白髪に対してしっかりと椿油の効果を得るためにはまず髪の毛だけに使用するのではなく頭皮に使用するようにしましょう。

 

一番白髪ケアの効果が期待できる方法は頭皮クレンジングです。

 

毎日行わず週に2・3回で良いので、シャンプーの前に椿油で頭皮のクレンジングを行いましょう。

 

優しく指の腹でマッサージすることも白髪ケアにはより良い効果となります。

 

クレンジング以外の日はヘアパックをしてみても良いですね。

 

ただべったりとしてしまうので、シャンプーの前に行いましょう。

 

そのままつけることに抵抗がある場合にはシャンプーに混ぜても良いでしょう。

 

椿油はさらりとしているので頭皮にもなじみやすく比較的使いやすいオイルです。

 

毎日のバスタイムに取り入れても良いですし、リラックスタイムに取り入れてみても良いでしょう。

 

ケアには必ず頭皮が重要なポイントとなります。

 

また紫外線も白髪の原因になる場合があります。

 

椿油は紫外線も吸収してくれますし、油焼けも起こしません。

 

長時間外にいる際などは少量を頭皮・髪に塗り込み出かけるようにしましょう。

 

白髪を増やさないためにも、頭皮に重点を置いて椿油を使用すると良いですね。

 

 

 

 

 

PR