オイルを使ったヘアケア法

PR

オイルで髪が焼けるのは本当? 

 

純粋な植物油などでヘアケアをすると髪の毛が驚くほど綺麗になるなど、トリートメントよりも高い効果が期待できるということで人気も高まっています。

 

ですがオイルだからこそ使用には気をつけなくてはならないこともあるのです。

 

余分な成分が含まれていない純正のオイルは敏感肌の方にも使用ができるため、安心できる美容液として重宝されています。

 

ですがオイルであることには変わりがないため、油焼けには注意しなくてはならないのです。

 

髪の傷み

 

オイルにも一部には紫外線によって油焼けを起こしてしまう可能性のあるものがあります。

 

特に酸化しやすいオイルは紫外線により髪の毛にもダメージを与えてしまう場合があります。

 

亜麻仁油や馬油にローズウッドは酸化しやすいため、日中紫外線を浴びると焼けてしまうでしょう。

 

ココナッツや椿油にホホバオイルは酸化しにくいため日中にも使用することができます。

 

このように備中に使用しても良いものとそうでないものがあるので使い分けも必要です。

 

油焼けを起こすと髪の毛もチリチリとしてしまったり、パサついてまとまりがなくなってしまいます。

 

せっかくのヘアケアでもあるのできちんと選んで使用したいですね。

 

特に夏以外でも最近は紫外線が強くなっているので使用には注意するようにしましょう。

 

 

髪に悪影響のオイルもある

 

髪に良いと言われるオイルケアですが、全てのオイルが髪に良いというわけではありません。

 

まず髪に良いオイルとはどのようなものでしょうか。

 

オイルにも種類があり酸化しにくいオイルとしやすいオイルがあります。

 

酸化しやすいオイルは日中の紫外線により油焼けを起こしてしまいます。

 

そのため髪に使用するのは酸化しにくいオイルを使用した方が良いのです。

 

また保湿効果のある不乾性油が髪の潤いを保ってくれます。

 

オリーブオイルや椿油などは空気中でも固まらないためしっとり保湿してくれるのです。

 

逆に乾性油は空気中でも固まってしまいポロリと落ちてしまう可能性があるため、効果の持続が期待できません。

 

落ちた油が頭皮にこびりつき酸化し汚れとなって頭皮トラブルが起きる場合もあります。

 

亜麻仁油や紅花なども乾性油なので、髪に使用するにはあまり良いものとは言えないでしょう。

 

オイルはオイルでも食用として販売されているオイルは使用しない方が良いでしょう。
単に油っぽくなってしまう場合もあります。

 

最近は美容系と食品系できちんと精製方法も分けて作られているので、一緒にしないように使い分けましょう。

 

このように全てのオイルがヘアケアに最適というわけではありません。

 

髪にはどんなオイルが良いのかきっちり調べてから使用するようにしましょう。

 

 

紫外線から髪を守る方法

 

髪にとって一番ダメージが大きいのは紫外線です。

 

紫外線により毛染めやパーマをしていなくても髪は毎日ダメージを受けているのです。

 

できるだけ普段の生活でも紫外線から髪は守った方が良いのですが、難しい場合もあるでしょう。

 

帽子

日傘や帽子が一番紫外線避けには良いのですが、いつでも使用できるわけではありません。

 

そこで紫外線からオイルで守ってみましょう。

 

オイルによっては油焼けしてしまうオイルもあるので、椿油などを選ぶと良いでしょう。

 

椿油は紫外線からも守ってくれる効果のあるオイルです。

 

毎日のヘアケアに使用するだけでも紫外線のダメージから守ってくれます。

 

椿油などのオイルには高い保湿性があり、潤いを逃さない用に膜を作ります。

 

その膜が紫外線や外部からの刺激から守ってくれるのです。

 

紫外線から守るためのヘアケア用品がありますが、いろいろな成分が含まれているため髪にダメージを与える場合もあります。

 

特にヘアケア用品の成分が頭皮に溜まったりすることで頭皮のトラブルが起きたりする場合もあるのです。

 

オイルは天然成分で作られているので余計なものが含まれていないため、髪や頭皮への負担もありません。

 

紫外線から守るためのヘアケアは安心して使用できるオイルに任せるようにしましょう。

 

PR