椿油の使い方 髪だけじゃないその美容効果

PR

手軽にきれいな髪を保つには椿油がおすすめ

 

毎日のドライヤーやパーマ、ヘアカラーなどによって女性の髪は悲鳴を上げています。

 

そんなどうにもならないほどボロボロに傷んだ髪には椿油がおすすめです!

 

椿

 

自然のまま何もせずに過ごすことができれば、きれいな髪をキープできるのかもしれませんが、おしゃれを意識することで髪に負担をかけることになってしまいます

 

特にヘアカラーや白髪染めを頻繁に行うことで、髪の表面を覆っているキューティクルが剥がれ落ち、内部はスカスカになってしまいます。

 

これは、女性がきれいでいたい、おしゃれをしたいと思う限り避けることのできないことであり、できるだけダメージを減らし傷んだ髪をケアすることを考えることが大切です。

 

女性にとって髪はとても大切なもので、ファッションの一部、自分を表現するものではないでしょうか?

 

少し髪を切っただけで印象ががらりと変わる、黒髪から茶髪になっただけで別人と間違える、それだけ見た目に影響を与えるものなのです。

 

そんな大切な髪がボロボロに傷んでしまっている女性を見ると、とても残念な気持ちになりますよね?

 

どんなに高価な服を着てバッチリメイクをしていても、傷んだ髪を見るだけで、その人の人柄や考え方、がさつな性格が浮き彫りになってしまいます。

 

艶のあるきれいな髪の女性は、それだけできちんとした印象を与えることができるのです。

 

あなたは、髪で自分の価値を下げてはいないでしょうか?

 

傷んだ髪

 

かなり傷んだ髪には、市販のケア用品よりも昔ながらの椿油がおすすめです。

 

美容研究家も何度かテレビで椿油を絶賛していますが、油と言うことで手を出せずにいる人も多いようです。

 

しかし、椿油を知れば知るほど奥深く、髪のケアはもちろん様々な使い道があることをに気づきます。

 

椿油には意外と知らない効果がたくさんあります→椿油の効果

 

面白いほど髪が柔らかで艶やかに変化し、恥ずかしいボロボロ髪がウソのように蘇るはずです。

 

 

 

髪の傷みの原因と対策

 

 

毎日しっかりシャンプーで洗い、トリートメントやケア用品を使って念入りに手入れしても髪が傷んでしまうのはなぜでしょう?

 

シャンプーが原因で頭皮環境が悪化していることも多いので注意しましょう!→抜け毛を止める!人気の女性用育毛シャンプーとは?

 

髪は外的な刺激に弱く、ちょっとしたことで傷んでしまうのです。

 

・シャワーに含まれる塩素

 

・紫外線

ドライヤー

 

・パーマ

 

・ドライヤー

 

・ヘアアイロン

 

・就寝時の枕との摩擦

 

・ヘアカラーや白髪染め

 

どれも当たり前のようにやっていることばかりで、止めることはできませんよね?

 

元々髪は死んだ細胞なので、自ら治癒する力はありません。

 

ですから、効果的な成分を人工的に入れること以外傷んだ髪に艶やハリを与えることはできないのです。

 

そんな傷みやすい髪へのダメージを少しでも減らすには次のことを守る必要があります。

 

 

シャワー

 

・シャワーに塩素除去カートリッジを取り付ける

 

・紫外線が強い日は帽子や紫外線カット効果のあるヘアクリームや椿油を使う

 

・ドライヤーは20センチ以上離し、なるべく高温にならないようにする

 

・ヘアアイロンを使う際はダメージ予防ができるケア用品を使う

 

・髪が湿ったまま寝ない

 

・ヘアカラーや白髪染めはダメージが少ないものを選ぶ

 

ちょっとしたことですが、これを守るだけで髪のダメージがグンと減り傷みが軽減されます。

 

 

 

自宅でできる椿を使ったヘアケア方法

 

 

それでは、髪の傷みに効果的な椿油を使ったヘアケア方法をご紹介します。

 

 

基本的な使い方

 

ドライヤー

 

傷んだ髪をケアする基本的な使い方は、洗髪後タオルドライし適量を傷んだ部分を中心に塗ります。

 

この時、決してゴシゴシ揉み込んだりせず、優しくなじませるようにしましょう。

 

量は髪の長さや量によって違いますので、最初は1.2滴から始め自分に合った量に調整してください。

 

その後、ドライヤーでしっかり乾かすと熱から守ることもでき、しっとりサラサラになります。

 

油を髪に浸透させると、熱や紫外線でダメージを受けやすくなると思っている人が多いようですが、椿油は酸化しにくく熱から守る効果があるのです。

 

同時に頭皮ケアも→椿油で頭皮マッサージ

 

 

 

スタイリング剤として

 

スタイリング

 

毎日にスタイリング前にも1.2滴なじませるだけで艶が出て傷みが目立ちません。

 

 

ヘアパックとして

 

タオル

 

シャンプー前に髪が少しべたつく程度染み込ませ、タオルを巻いて数分放置。

 

その後はいつも通りシャンプーをすればスペシャルケアができます。

 

 

椿油はドライヤーの熱から髪を守り、表面をしっかりコーティングしてくれるので艶々になります。

 

洗い流さないトリートメント、スタイリング剤、スペシャルパックなど一つで何役もこなしてくれるため、とても経済的なのです。

 

 

 

いつまでもきれいな髪を保つために必要なこと

 

櫛

 

髪は女のいのち」という言葉があるように、女性らしさの象徴でもあります。

 

艶やかでサラサラなきれいな髪を好む男性も多く、魅力的な女性には欠かすことのできないものです。

 

そんな髪を傷めつけボロボロにすることは、女性として恥ずかしいことではないでしょうか?

 

椿油を使うことでダメージに負けない強い髪を育てることと、どうしようもなく傷んでしまった髪でも艶サラ髪にできるのです。

 

白髪を予防する効果も→椿油で白髪予防

 

いつまでもきれいな髪を保つためには、長く続けられる効果的なケア用品を使うことが大切です。

 

椿油は昔から様々な用途で使われてきた万能油です。

 

なんと食用も!→食べられる椿油

 

流行りだけで終わらず、これだけ長い間使い続けられるものは、やはりその効果が本物だからではないでしょうか?

 

高価なものはその時の満足感だけで、長く続けるには不向きです。

 

できるだけ安価で手に入りやすいもの、つまり椿油のようなケア用品を常に自分の近くに置くことをおすすめします。

 

また、きれいな髪を育てるためには、頭皮環境を整えるための食生活や生活習慣の改善がとても大切です。

 

頭皮環境を整えることが、きれいな髪を育てるために欠かすことのできないことだからです。

 

ですから、栄養バランスの整った食生活と規則正しい生活習慣を心掛け、いつまでも若々しくトラブルのない髪を手に入れましょう。

 

体の内側と外側のWケアによって本当にきれいな髪を手に入れることができます。

 

椿油を使った毎日のケアと食生活、生活習慣の見直しをしてボロボロに傷んだ髪を解消しましょう。

 

PR

更新履歴